メディア個別 お子さんの歯並びチェック法と矯正歯科の選び方 | お子さんの歯並び大丈夫? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
お子さんの歯並び大丈夫? 

お子さんの歯並びチェック法と矯正歯科の選び方
~お子さんの歯並び大丈夫?~

我が子の歯が生えはじめると、“うちの子の歯並び大丈夫かしら?”とママも気になりはじめますね。そこで、ご家庭で簡単にできる初期のチェック方法と気をつける点、さらに小児矯正歯科の選び方について、小児矯正歯科・キッズデンタル代表の坂部潤先生に伺いました。

お家でできる歯並びチェック法

だんだん乳歯が生えそろってきて、お子さんの歯並びが気になりはじめたら、まず歯医者さんに行く前に簡単にできるチェック方法があるそう。

「まずは、4~5歳の時点でチェックしてみてください。実は、歯と歯の間が1~2ミリくらい空いたスカスカな状態でちょうどいいんです(下図)。よくこの時期に“うちの子、歯の隙間が空いていて…”と、悩んでいるお母さんがいらっしゃるのですが、この時期はそれでいいんです。子どもの歯から大人の歯になるときに、前歯は1.5倍くらいの大きさになるので、生え変わってちょうどよくなるんですね。むしろ、4~5歳の時点で隙間がないお子さんは要注意ですね」
歯並びのイラスト
 
隙間がない場合は、気を付けなければならないのは歯並びだけではないそう。

「隙間がない分、歯と歯の間に汚れがたまりやすいですから、虫歯が多いパターンもあるので気を付けてください。本来、この時期は糸ようじは必ずしも必要ではありませんが、隙間のないお子さんは糸ようじもして予防をしっかりしてください。矯正治療自体は6歳くらいからなので、とにかくそれまでは虫歯に気を付けてください。あとは、前歯の噛み合わせがちゃんと上の歯が外側に噛んでるかどうか?左右はズレていないか?そのへんは早めに注意しなければならない点なのでチェックしてください」

指しゃぶりは、4歳の誕生日までに卒業しよう!

そのほかにも、気をつけるべきポイントについて教えてくださいました。

「指しゃぶり、おしゃぶりは、4歳の誕生日までには卒業しておくことです。過去の研究で、それくらいまでに終わらせておけば、おしゃぶりで悪くなった歯並びが自然に治る可能性が高いと言われてるんですね。つまり、それを越えてしまうと自然には治らなくなってしまうので、気を付けてください」

小児矯正歯科の選び方とは?

歯科医院のイラスト
 
虫歯管理をしていただく歯医者さんは身近ですが、矯正が必要になった場合はどこの医院へ行けばいいのでしょうか?

「小児歯科や矯正歯科と標榜していても、専門的なトレーニングを受けていたり、専門の資格を持ち、きちんとした小児矯正医療を行っているとは限りません。ですので、慎重に選ぶことが重要です。また、成人矯正をメインにやっている歯科と小児矯正歯科も方針が違いますので、そこも選ぶときの重要ポイントです」

ほとんど医院で無料~3000円ほどで歯並びの相談を受け付けてくれるそう。

「1ヶ所ではなく、数ヶ所の医院に行ってお話を聞いてみてください。お子さんの歯並びについて、治療法について、治療の見通しについて、そして費用について、きちんとわかりやすく説明してくれるか?がポイントです。矯正の場合、治療方針も費用面も非常に独自性が強いんですね。なので、例えば小児矯正は長期にわたるため、親御さんの転勤などがある場合は、必ずしも転勤先で同じ治療が受けられるとは限りません。そういったタイミングなども重要になってくるので、それぞれの医院で治療方針などの詳しい話を聞き、通いやすさなども考慮したうえで、納得のいくところで治療を受けるようにしてください」

お話を伺った人

PAGETOP