メディア個別 川上未映子さんの「こんなときには、これを読むのよ!」 Vol.6 | 気になる“あの人”のインタビュー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

川上未映子さんの「こんなときには、これを読むのよ!」 

川上未映子さんの「こんなときには、これを読むのよ!」 Vol.6
~気になる“あの人”のインタビュー~

芥川賞や中原中也賞など数々の賞を受賞した川上未映子さんが、独特な世界観のテーマで「こんなときに読みたい本」を推薦します!どんなテーマで、どんな本が登場するのか、新たな本との出会いをお楽しみください!


≪今回のおススメPOINT!≫

最近わたし、「本当のこと!」とか、「なぜ!」とか「どうして!」とか、そういうのまるっと無かったことにして生きてるなあ……って遠い目をして、しんみりしたときに読みたい本!!
 
たとえば、なぜ人を殺してはいけないか、という「なぜころ問題」がいっときたいそう流行りました。専門家からお茶の間まで、色々な意見や回答があふれ、それはもちろん今も昔も重要かつ有効な問いなのだけれど、しかし「本当のこと」というのは常に危険を孕むものであり、社会の恩恵に与っている「人」という存在には、言えないこともあるのです。しかし、人間社会のルールを共有していない動物たちなら、どうでしょうか。このみっつの作品は、動物を語り手にすることで、わたしたちには言いにくい、見つめにくいものをさらりと目のまえに差し出してくれます。

子どものための哲学対話

子どものための哲学対話(講談社文庫)

永井均(著)
出版社:講談社
『子どものための哲学対話』は、猫のペネトレが主人公で、少年の「ぼく」との対話ですすんでゆく本です。「なぜころ問題」はもちろん、「しあわせとは何か」、「人は何のために生まれてきたのか」、「死んだらどうなるの」などなど挙げればきりがないけれど、いつかどこかで考えたことのある40の疑問について、そのへんの大人ならぜったいに言わないだろう、「本当のこと」について話してくれます。
吾輩は猫である

吾輩は猫である

夏目漱石(著)
出版社:新潮社
『吾輩は猫である』は、もう説明がいらないほど有名な小説ですが、こちらも猫の目を通して社会や人間のあり方の機微を明らかにしてゆきます。
雪の練習生

雪の練習生

多和田葉子(著)
出版社:新潮社
そして『雪の練習生』は、なんとシロクマが主人公です。シロクマの親子三代が生きた、それぞれの社会背景と生活を串刺しにしながら、言葉を獲得してゆく過程、サーカスでのできごと、などをとおして、この小説を読むことでしかふれることはなかっただろう世界が鮮やかに広がります。

プロフィール

PAGETOP