メディア個別 つっぱるのにテカる!インナードライ肌ってなに? | 今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

つっぱるのにテカる!インナードライ肌ってなに?
~今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ~

肌がつっぱったり乾燥しているような感じはするのに、皮脂でテカテカ。洗顔後はカサカサなのに、しばらくするとベトベト肌に…。そんな肌に悩んでいるママもいるかもしれませんが、これらは角質層が乾燥しているインナードライ肌の可能性があります。いったいなにが原因なのでしょうか?

つっぱるのにテカる!インナードライ肌ってなに?
 

●インナードライ肌ってどんな状態?

インナードライ肌とは、俗に『乾燥性脂性肌』と呼ばれる肌の状態で、肌の水分量が少ないため、これ以上水分を蒸発させないために、肌が一生懸命皮脂を分泌している状態を指します。そのために、肌の表面は皮脂でテカテカなのに、内側ではつっぱりを感じたり、皮脂を洗い落とした直後はカサカサだったりするそうです。その状態を放置するとシワやたるみが増えたり、さらに過剰な皮脂がニキビを作り毛穴を目立たせるなど、女性にとっては恐ろしいことだらけ。

●インナードライ肌の原因

インナードライ肌の原因は肌の乾燥です。元々はただ乾燥していただけの肌が、自らを守ろうとするために皮脂を分泌し、それを肌がテカっていると思い込み、乾燥対策よりも皮脂対策をして悪化させてしまうとのこと。乾燥する時期は、肌がテカっていると思っても、皮脂を拭き取ったり、洗顔の洗浄力をアップさせる前に、今の肌の状態を一度確認してみるのが大事。他にも紫外線ダメージやストレス、不規則な生活習慣など、様々な要因によっても起こることがあるそうです。

●インナードライ肌の対策

インナードライ肌の原因は、肌の乾燥なので、乾燥を招く皮脂対策は一旦ストップしましょう。特にあぶらとり紙やティッシュで肌を拭くと、一緒に水分も吸い取られてしまうため、ますます乾燥してしまいます。また、洗顔料も洗浄力が弱く、低刺激なものに変えましょう。洗顔の際の水温は、30〜35度のちょっと冷やっとするくらいのぬるま湯にして、必要以上に肌の脂分を洗い流さないようにすることもポイントです。そして洗顔後は素早くスキンケアを。洗顔後の肌は表面の皮脂膜やクリームなど、水分の蒸発を防ぐものが洗い流されているため、どんどん水分が失われています。すぐに美容液やクリームを塗り、肌の水分を維持するように気をつけると良いそうです。

乾燥しているのに肌がテカっていると不思議に感じている人は、一度インナードライ肌を疑って、皮脂対策をやめて乾燥対策に専念してみてはいかがでしょうか。
(文・姉崎マリオ/考務店)
PAGETOP