メディア個別 天才子役・鈴木梨央のさらなる野望とは? | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

天才子役・鈴木梨央のさらなる野望とは?
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

現在大ヒット中のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で、波留が演じるヒロイン・あさの幼少期を演じて人気上昇中の子役・鈴木梨央(10)が、1月5日(火)放送の『ノンストップ!』に生出演した。

‘12年、ドラマ『カエルの王女さま』でデビューし、大河ドラマ『八重の桜』、『Woman』、『明日、ママがいない』など数々のヒットドラマに出演している鈴木。理想のタイプには「三浦春馬さん、阿部寛さん、ジャニーズJr.の岸優太さんです!」と元気よく答え、さらに会津弁、大阪弁、京ことばと3つの方言を自由自在に操り、仕上げに絢香の『にじいろ』を大人顔負けの歌唱力で歌い上げた。

番組ではドラマ『明日、ママがいない』で親子役を演じ、鈴木にとって憧れの存在である女優の満島ひかり(30)から手紙が届くサプライズもあり、思わず涙ぐむひと幕も。番組MCのバナナマン・設楽統(42)は「たぶん将来、梨央ちゃんが芸能界を握るんだろうなぁ」とコメントし、スタジオの笑いを誘った。

『八重の桜』と『あさが来た』で子役として大河ドラマと朝ドラの両方に出演するという史上初の快挙を成し遂げた鈴木。‘16年は女優業にとどまらず「チャンスがあれば歌も頑張りたいです」と語った。今年の大晦日の紅白歌合戦でその姿が見られるかも!?

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP