メディア個別 釈由美子が排卵障害を乗り越えスピード妊娠! | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

釈由美子が排卵障害を乗り越えスピード妊娠!
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

昨年10月、一般男性と結婚した女優の釈由美子(37)が、1月15日(金)に自身のブログで妊娠を発表。喜びと共に、「多嚢胞性卵巣症候群」という排卵障害を患っていたことを明かした。

釈はブログで、「37歳の高齢出産という現実、もともと、“多嚢胞性卵巣症候群”という排卵障害の診断をされていたので、妊活は長期戦になるな…と覚悟をしていました。まさかこんなにすぐに授かることができるなんて、ビックリした方が先でした」と告白。食事や運動などの生活習慣を見直し、身体を温め、ひたすらリラックスして過ごしていた結果、今回の妊娠に至ったという。「多嚢胞性卵巣症候群」とは、卵胞が発育するのに時間がかかり、なかなか排卵しない疾患で、若い女性の排卵障害では多くみられるそう。

さらに釈は、「もしかしたら、天国の父が届けてくれたご縁なのかも。父が亡くなったあとに見つかった私への直筆の手紙の結びに、“早く結婚して、かわいい孫(男の子)を抱かせてくれ”と書いてあったんです」とコメント。昨年1月、肺腺がんで亡くなった父親に孫を抱かせてあげられなかった無念を綴っている。

先ごろ妊娠を発表した杏(29)と同じく、初夏に出産予定の釈。女優業にとどまらず、美に対してもストイックな一面を持つ彼女だけに、妥協しない完璧なママとなりそうだ。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP