メディア個別 ある日突然!ママ友たちの陰湿なイジメ | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

ある日突然!ママ友たちの陰湿なイジメ
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

数年前は、「モンスター・ペアレント」という学校側に無理な要求をしたり、理不尽な言いがかりをつけたりする父母が話題になりました。しかし最近はママ友同士のイジメやママカーストと呼ばれるママ友間での上下関係による問題が多発している印象。ドラマでも取り上げられるようになりましたが、実際はどうなのでしょうか?ママ友イジメの体験談を紹介します。

ある日突然!ママ友たちの陰湿なイジメ
 

●突然始まるママ友からの無視

バス停でよく会うことから、意気投合した5人のママ友グループの一人であるAさん。リーダー格のBさんとは家も近いことから、親子ともに仲良しだと思っていたそうです。しかし、夏休み明けにバス停に行くとなぜか無視され、視線も合わせないのだとか。そうした親のいざこざに巻き込まれ、子ども同士も遊ばなくなってしまいました。後からAさんが他のママ友から無視された理由を聞いたところ、「せっかくランチに誘ったのに参加しなかった」、「自慢のファッションアイテムに気づかない」 など些細なことだったそう…。

●ママ友全員にメールで悪口を拡散!

「見た目が気に食わない」、「自分の気持ちを理解してくれない」など、子どものケンカのような理由でボスママに目をつけられたというCさん。しかも、そのボスママはグループに属する他のママ友全員にCさんの悪口をメールで拡散していたそう。人付き合いに関してドライだったCさんですが、さすがにいい気持ちはしなかったそうです。

●ママ友問題は園内だけではない!

幼稚園や保育園のなかだけで起きているように思いますが、実はマンションやアパートなど集合住宅でのママ友問題も増えているのだとか。かつてに比べれば人付き合いが少なくなったといわれますが、マンション敷地内に公園があったり、気軽に互いの家を行き来できたりと、互いの生活空間が近づきやすい日本の住環境は、むしろ息苦しさ増長の原因に。親密になりすぎて、相手の家計や家の様子が見えた時にジェラシーが…との声も多く聞こえてきます。

子どもが主役、と言いつつも、それもママ友同士の仲が良ければこそ。特に集合住宅の場合は、ママ友と近住になりがち。日本の住環境では、意識的に距離感をとることが大切なのかもしれません。(文・明日陽樹/考務店)
PAGETOP