メディア個別 中井美穂・腸が破れ、1年間人工肛門を体験 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

中井美穂・腸が破れ、1年間人工肛門を体験
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

フリーアナウンサーでタレントの中井美穂(50)が、2月15日(月)放送の『徹子の部屋』に出演。’03年に腸膜炎を患い、腸がつながるまでの1年間、人工肛門を装着していたことを告白した。

腸膜炎は手術で全快したものの、その後の処置として、1年間にわたり人工肛門を装着していた中井。人工肛門は別名「ストマ(ストーマ)」とも呼ばれ、消化管や尿路の疾患などにより、腹部に便や尿を排泄するための排泄口を増設することを指す。

中井はその状態で『世界陸上』の海外取材もこなしていたそうで、「意識せずに便が出ちゃうので『あっ』と思うことはありました。ニオイのことなどもありますし…」とコメント。当時のつらい経験をカミングアウトしたが、最近のストマ袋は防臭性が向上し、便やニオイが漏れることはほぼないと言われている。

中井は、自身の体験をふまえ、現在はNPO法人『キャンサーネットジャパン』で大腸がんの啓発運動も精力的に行っている。40歳を過ぎたら一度は内視鏡で検査したほうがいいと言われる大腸。子育て中のママも、ぜひ検診を受けるべきだ。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP