メディア個別 「子どもを作れなかった我々は捨て石に」 NHKアナが衝撃発言! | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

「子どもを作れなかった我々は捨て石に」 NHKアナが衝撃発言!
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

2月13日(土)に放送された『NHK週刊ニュース深読み』で、司会を務める小野文惠アナウンサー(47)が、「子どもを産めなかった我々は社会の捨て石だ」と発言。スタジオと視聴者の間に衝撃が走った。

番組では、専門家をゲストに呼んで「不妊治療」を総力特集。不妊治療のつらさ、卵子凍結問題にも迫り、既婚で子どもがいない小野アナは、ため息まじりに終始言葉に詰まる様子が見てとれた。「私も40代なので、20歳くらいのときに高齢出産のニュースを見て『50歳くらいまでに産めばいいのかな』と思っているうちに手遅れになりました。でも、若い頃に産めるような社会でもなかった」と、自身の本音を語る場面も。

そして番組の最後には、この特集を制作した40代後半の女性ディレクターと「子どもを産めなかった私たちは捨て石だと思う。でも小野さん、いい捨て石になりましょうよ! この無念を良いエネルギーに変えて社会に貢献しましょうよ」と語り合ったことを告白。

さらに、小野アナがゲストに向け、「良い捨て石になるには、どうしたらいいと思われますか?」と問いかけるシーンも。しかし、“捨て石”という言葉のあまりの重さに、ゲストの早見優(49)、田村亮(44)らは思わず沈黙。あわてた田村は「“捨て石”と言われるとドキッとします」と語り、なんとかその場をやり過ごしたが、小野アナの発言は放送終了直後からネットユーザーの間でもさまざまな波紋を呼んでいる。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP