メディア個別 物忘れ、イライラ…西川史子が更年期障害を激白 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

物忘れ、イライラ…西川史子が更年期障害を激白
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

2月22日(月)放送の『私の何がイケないの?』2時間SPで「更年期障害」を特集。女医でタレントの西川史子(44)が「物忘れがひどい」「番組共演者にイライラする」など、更年期障害が原因と思われるさまざまな症状を告白した。

番組で西川は自らの顔の「ほうれい線」を消すためヒアルロン酸を注入したと言い、「こういうのにお世話にならないといけない歳なんだな」と語った。専門家によれば、ほうれい線自体は単なる老化現象だが、老化を受け入れられずに悩む「エイジングストレス」こそが更年期障害の症状なのだとか。

また、自律神経の欠如によって、運動していないのにのぼせたり顔や首が熱くなる「ホットフラッシュ」や、女性ホルモンの減少が原因の「ドライマウス」「ドライアイ」、さらには「抜け毛」「頻尿」「過剰なイライラ」などの症状も更年期障害によるものだという。

最後に西川はスタジオで、同じく女医で自分とキャラのかぶる友利新(37)の幸せぶりにイライラすると告白。あくまでもバラエティーということで、番組では笑いとともに紹介していたが、更年期障害はママにとっても深刻な問題。普段から体調のチェックを怠らないようにしたい。

(文/池野フナ子)
PAGETOP