メディア個別 麻木久仁子・脳梗塞、乳がんを乗り越え実母と娘の女3人の私生活とは | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

麻木久仁子・脳梗塞、乳がんを乗り越え実母と娘の女3人の私生活とは
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

タレントの麻木久仁子(53)が3月11日(金)放送の『徹子の部屋』に出演。自身が患った脳梗塞と乳がん、母と娘との同居生活について語った。

麻木は5年前のある日、右腕と右足が突然震え出し、しばらくすると治まるという発作を発症。すぐさま大学病院の神経内科でMRIを撮影したところ、脳梗塞が発見されたという。幸いにして命に別状はなかったが、「当時いろいろ私生活で騒ぎがあったりして、確かにストレスは感じていました(笑)」と、かつて山路徹(54)と大桃美代子(53)との間で繰り広げられた不倫騒動を暗に振り返った。

また、麻木は’12年に人間ドッグに行った際、左右の胸に乳がんが見つかった。しかし、こちらも超早期発見だったこともあり、手術は無事終了。その後2カ月ほどの放射線治療を経て、今は5年間に渡るホルモン治療を継続中だそうで、改めて定期的な検査の必要性を説いた。

乳がんをきっかけに「人間、いつ何があるかわからない」「(自分に)何かあったときに娘の邪魔にならないように」と、大規模な断捨離を行ったという麻木。現在は実母(77)と娘(21)と女3人で同居生活を営んでおり、「娘も大人になり、女3人で楽しく、友だちみたいで。今が一番気楽です」と明るい表情で語っていた。

(文/池野フナ子)
PAGETOP