メディア個別 退職した元TBSアナ・小林悠が「適応障害」を激白 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

退職した元TBSアナ・小林悠が「適応障害」を激白
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

3月15日(水)発売の『週刊文春』で、元TBSアナウンサーの小林悠(30)が適応障害であることを告白。『NEWS23』抜てきから電撃退社に至る経緯を語った。

3月28日(月)から膳場貴子(41)の代わりに『NEWS23』にキャスターとして出演することが決定していた小林だが、3月4日(金)に「健康上の理由」としてTBSを電撃退社。この突然の退社劇が波紋を呼び、彼女の交際相手・A氏が既婚者であるなど誤った報道がなされたことから、今回ついに重い口を開くことになった。

A氏の離婚は昨年成立。小林と出会ったのは離婚後の12月半ばだったという。だが、1月に小林のキャスター就任が発表されると、その後、某週刊誌が小林とA氏の熱愛を報道。「A氏には結婚している女性がいたかもしれない」などと報じられた。’14年8月に広島市で起きた土砂災害の取材がきっかけで精神面でのバランスを崩していた彼女は、この熱愛報道でさらなる窮地に追いやられてしまう。

「彼の勧めで2月10日に心療内科に行ったところ、『適応障害』と診断されました。そこで初めて自分が病気だと気がつきました。立ち止まるタイミングが来たのかなと…。退社を決意しました。もうこの世界に戻ることはありません」と真相を語った小林。彼女は今、自身の手で潔くアナウンサー生命に幕を下ろそうとしている。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP