メディア個別 松本人志・ショーンKに同情?「学歴コンプレックスはない」 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

松本人志・ショーンKに同情?「学歴コンプレックスはない」
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

3月20日(日)放送の『ワイドナショー』で、経歴詐称を認め活動を自粛した経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上(48)について、ダウンタウンの松本人志(52)が持論を展開した。

一連の騒動を受けて松本は「結局、高卒やったっていうところがスゴイよね。高卒であれだけ堂々と報道番組やれるって“すごいタマやなぁ”って思います」「僕は正直、学歴のコンプレックスはほとんどない人なんで…。ある人はこうなってしまうのかな? って。今、すごく恥ずかしい思いをしておられるんやろうな~」と、経歴詐称問題を分析。

また、この日ゲスト出演した、米国出身のIT企業役員でお笑い芸人の厚切りジェイソン(29)は「ウソをつくのもちろんいけないけど、日本だと学歴がないと報道番組に出られないとかありますよね。実力があるのに活躍できないのは、またおかしな問題。実力で人を判断する仕組みになってほしい」とコメント。学歴偏重の日本のメディアを批判し、松本をうならせた。

ほかにも「怖いわぁ~。俺なんか今、街の通行人もみんな『週刊文春』に見える!」と語り、スタジオの笑いを誘った松本。だがその一方で世間では「ショーンKを許せる」という声も徐々に上がっており、彼が本当にメディアから姿を消してしまうのか注目が集まっている。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP