メディア個別 後悔派が半数も!? 子どもの食と成長に関するママたちの不安 | 今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

後悔派が半数も!? 子どもの食と成長に関するママたちの不安
~今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ~

成長著しい子どもだからこそ、栄養バランスの整った食事を与えたいものですが、昨今は共働きのママも増加中。子の成長への願いはあっても、日々の忙しさからなかなかその願いを形にできないというママも少なくないのではないでしょうか?

そこで、ママテナでは3月28日~4月8日にインターネットにて、独自調査を実施。「子どもの食に関する悩みや不安」について、ママたちのリアルな声を調べてみました(対象は全国。有効回答数は531)。

●子の食と成長の悩み「食事の量」が多数派

まず、「お子さまの食に関して、あなたはどのような不安や悩みを抱えていますか?」という質問に対して、回答は上位から、1位「栄養バランスが悪いのではないだろうか」(330票)、2位「食事に集中してくれない・途中で止まってしまう」(321票)、3位「日によって食べる量が違ってムラがある」(264票)、4位「食材の好き・嫌いが多すぎるのではないか」(228票)、5位「子どもの体に悪影響となるものは与えていないだろうか」(174票)という順に。

1位は食事の質や栄養の偏りに関する悩み。栄養士から指導を受け、その通り与えようとしても、結局は子どもの性格や気分次第な一面も。我が子に与える栄養に、一喜一憂するママは多いようです。

また、2~4位は、「食事のとり方」に関する悩み。見るものすべてが新しい子どもにとっては、食事の途中で遊び始めてしまう、じっと座っていることに飽きてイライラしはじめてしまうのはよくある話。きちんと食べさせなければならない半面、食べ終わるまでに時間がかかる&食べきらない。食事とは関係のないおやつばかり食べてしまう…。我が子の食事は、さながら忍耐力勝負。根負けしてしまうママも多そうです。
子どもの食に関するアンケート結果
 

●子の食と成長に関する悩みは後悔の要因に…

また、こうした食に関する悩みは、後々にも影響が…。「離乳食期・幼児食期の食事を振り返って、後悔していることはありますか?」という質問を、3歳以上の子を持つママに質問したところ、なんと46.1%が「ある」と回答! その内容を見てみると、「おやつを与えすぎたと思う、 食事を食べないとき、かわりにお菓子やパンを与えてしまい、偏食を増長させてしまった」、「離乳食時は野菜も食べていて嫌々期に入りかけてから野菜嫌いになったと思うので諦めず野菜を与えれば良かった…」、「離乳食はいろんな食材を考えて 食べさせていたけど、自己主張するようになってからは、好きなメニューだけを食べさせていたので、 なかなか新しいものを食べてくれません」など。離乳食期・幼児食期の悩みは、その後ママたちの後悔のタネになっている様子。子は成長の様子がわかりやすいゆえ、自分の育児法の結果も実感しやすいもの。離乳食期・幼児食期の食習慣が、今の子どもの栄養バランスにも影響していると考えるママは多いようです。
後悔派が半数も!? 子どもの食と成長に関するママたちの不安
 

●子の栄養バランスを整えるグローイングアップミルクという選択肢

栄養バランスの整った食事を子に提供したい。とはいえ、冒頭のように、忙しい現代ママにとってはその食事を準備する時間を作ることも難しいはず。そんな、ママにこそオススメしたいのが、グローイングアップミルク。日本ではまだあまり知られていませんが、欧米では離乳食期終了後、栄養補助としてグローイングアップミルクを飲ませることが一般的なのだとか。日本では、森永乳業が「こどもの足りない栄養を応援するミルクシリーズ」、通称「こどミル」として販売中。1本で1日の不足分以上の鉄分やカルシウム、DHAが配合されており、鉄分は牛乳の60倍以上。気軽に十分な栄養を摂ることができ、不足しがちな栄養バランスの補助にピッタリです。

ドリンクタイプ以外に、スティックタイプもあり、持ち歩きも簡単。しかも、スティックタイプは2種類のビフィズス菌とラクトフェリン、食物繊維なども配合し、免疫力向上や腸内環境の良化にも効果が期待できます。イチゴやバナナ、バニラなどの味もついているから、子どもにとっても飲みやすく、幼児期を過ぎた子のおやつ代わりにも◎。賢くグローイングアップミルクを取り入れて、子どもの食と成長に関する悩みを解消しましょう!
PAGETOP