メディア個別 夫婦の復縁、可能性が高いパターンは? | 離婚した元夫と復縁できる? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

夫婦の復縁、可能性が高いパターンは?
~離婚した元夫と復縁できる?~

夫婦の復縁を考えるとき、復縁しやすいパターンと逆に難しいパターンがあるという。男女の復縁に詳しい、復縁アドバイザーの浅海さんに話を聞いた。

「離婚事由や、離婚時どのような別れ方をしたかが重要です。離婚時にきちんと話し合い、互いに納得して別れたカップルは、タイミング次第では復縁の可能性も十分にあると思います」(浅海さん 以下同)

性格の不一致などが理由で別れた場合は、互いに相手に対する憎しみや嫌悪感をそれほど持っていないことが多い。そのため、一定期間連絡を取らない冷却期間を置けばチャンスがあるという。

「夫が『再び子どもと一緒に生活したい』と強く考えているケースでは、親権を持つ妻側が主導権を握って復縁へステップアップできる可能性もあるでしょう」

また、離婚後も子どもの幼稚園・学校行事にはそろって参加したり、顔は合わせていなくても育児について相談しあったりしているなど、定期的に連絡を取っている元夫婦も、復縁へのハードルは比較的低めであるといえる。
札束と電卓
 

●復縁が難しい夫婦のパターンとは

「逆に、どちらかの浮気が原因で離婚して慰謝料のやり取りがあったり、調停などで揉めに揉めたりして離婚した場合は、可能性が低くなります。さらに、離婚時の財産分与や養育費について、双方が納得していない場合も、わだかまりとして残りやすく、復縁は難しいでしょう」

離婚が突発的なものだったか、計画的なものだったかも重要だ。相手の浮気が発覚後、短期間で離婚した場合や、喧嘩がこじれて離婚した場合はお互い未練が残りやすいが、長期間家庭内別居が続いていたり、何年も離婚に向けて話し合いを重ねたりしていた場合は、気持ちの整理がつき、相手にとって「終わったもの」となってしまっている場合も。

また、嫁姑問題や借金など、離婚の原因となった問題が未解決のまま続く状況である場合は、復縁に至ったとしても再び同じ理由で揉めることになってしまうため、復縁は困難であると考えよう。

離婚事由は変えられないが、離婚後の関係性は努力次第で改善できるケースもある。もし元パートナーとの復縁を望むなら、まずは普通に連絡を取り合える仲を目指してみよう。
(ノオト+北東由宇)

お話をお聞きした人

PAGETOP