メディア個別 元テレ朝アナ・龍円愛梨がダウン症の愛息との日々を告白 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

元テレ朝アナ・龍円愛梨がダウン症の愛息との日々を告白
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

元テレビ朝日アナウンサー・龍円愛梨(りゅうえん・あいり)(39)が4月8日(金)放送の『爆報! THE フライデー』に出演。番組ではシングルマザーとして、ダウン症の長男の子育てに奮闘している彼女の様子を伝えた。

’99年にテレビ朝日に入社し、アナウンサーとして活躍後、’11年に退社した彼女。当時交際していた実業家と婚約してアメリカに渡ったものの、結婚しないまま’13年5月、ダウン症の長男・ニコくんを出産した。

彼女によれば、出産前にさまざまな出生前診断を受けており、その兆候があったにも関わらず、ニコくんのダウン症は見逃されていた。事実を知り、当初は大きなショックを受けたそうだが、「カーシートの中で眠っている息子を見たら、可愛いくて…。この子が大切、愛おしいと思った」と、自分の母としての気持ちを再確認したという。

その後、パートナーとは結婚せず、ニコくんと帰国。現在はホットヨガのインストラクターをしながら、年金暮らしの両親の元で子育てをしている。

先天性心臓疾患も患っており、左耳もほぼ聞こえないというニコくん。そんな息子のために、龍円は“ベビーサイン(手話やジェスチャーで会話する育児法)”など海外のダウン症の療育を積極的に取り入れ、同じ子を持つ親たちとのコミュニティー活動も精力的に行っている。「ダウン症のある子どもを育てている両親たちに“1人じゃないよ”と伝えたい。ダウン症の育児は難しくないし、楽しい」とメッセージを送った彼女。母親としてたくましく、前向きに生きる姿は、多くのママたちに勇気を与えるに違いない。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP