人気検索ワード

【なにこれ美味しい】コンビーフの夜明け。これを食べずして死ねない! お正月のご馳走用にもオススメ!!【神ってる肉の塊】 

【なにこれ美味しい】コンビーフの夜明け。これを食べずして死ねない! お正月のご馳走用にもオススメ!!【神ってる肉の塊】
~LIMIA~

美味しいものに出会うと、その喜びを誰かに伝えたくなるシステムの私、ayatasoです。今回フィーチャーするのは、コンビーフ。ひょんなことからお食事会の場に差し入れていただいたものなのですが……。パンチあるビジュアル! そして恍惚の味!! これぞパーフェクト!!! “コンビーフ界の王”と言っても過言ではない美味しさでした。そろそろ年末ですしね、お正月休みに集まってわいわいご馳走をつつく会を計画中の方も必見です。美味しいものはいつでもどこでも話題の中心を陣取ります。神ってるコンビーフをホームパーティーの場に持ち込んで、あなたもスターになっておしまいなさい!!(自信たっぷりだと強気になるタイプです)

ラブ・ストーリーは突然に。その瞬間、コンビーフに恋をしました

みなさまは、「コンビーフ」と聞いたら、どのようなビジュアル(見た目)を想像しますか?
今までの私は、こんな感じでした。

これです、これ。
なんだか金属の輪っかみたいなアイテムをつかって、くるくると缶を巻き取って開けるやつ。
途中でネジレちゃったり、巻きがズレたりして「あれっ、あれっっ」ってなってたらあともうちょっと!というところで千切れちゃって悲しくなるやつ。

大抵の方々がこの画像のようなイメージを持たれていると思います。

中身のコンビーフは、このように楕円形の筒のような、「ギュッ」としたお肉の繊維が凝縮したようなやつ。

これはこれで、美味しいのです。
これはこれで、大好きなのです。

でも、ご馳走感には欠けますよね。

食卓に出てきても、「あ、コンビーフだ」
ぐらいですよね。

そして、コンビーフとは牛肉を塩漬けにした加工品。
そのままいただくと、まあまあ塩っぱさが強かったりします。

でも、今回ご紹介するコンビーフ。
見てください、見た目からして全く異なるものなのです。
これ、ものすごいです。

ちょっとじっくりご覧下さいこの画像。

……なんだかジャパネットのようになってきました。

でも、このコンビーフはハイテンションになってしまうオーラを持っているのです。

とにかく「旨い!」の一言に尽きる。「千駄木腰塚」でしか味わえない、オリジナルの自家製コンビーフ

ではご覧ください。
これぞ、コンビーフ界をざわつかせる美味しさ、千駄木腰塚(せんだぎこしづか)オリジナルの自家製コンビーフです。

おや? 缶詰じゃない……。

そうなんです。
こちらのコンビーフ、画像をご覧いただいた通り、パッケージも缶詰ではなく開けやすいタイプ。
高級そうなパッケージですが、そこまで驚くほどのお値段でもない。
ホームパーティーや差し入れなどで目の前に出されたら、視線は釘付けになってしまうこと間違いなしのビジュアルです。
食卓に出てきたら「なんだこれは!?」ってなります。
私はなりました。
パッケージを開ける前から、一目惚れいたしました。

外の包装を取り去ると、コンビーフがトレイに入っている状態に。

まず最初に思うこと。
「うわっ、脂(アブラ)! 脂 凄!!」

……わかります。
そのお気持ち、充分に理解できます。

ですが、ちょっと待たれよ。
腰塚(こしづか)オリジナルの自家製コンビーフに使用されているのは、黒毛和牛。
人肌でトロけだす黒毛和牛の乳脂は、口の中に残りません。
スウッと溶けていくのです。
例えるなら、新雪の粉雪のような……。
ギトギトいたしません。

なので、カットの際もご注意ください。
手の温度で溶け出してきます。
カットの際は速やかに行うのが美味しくいただくベストな方法です。

開封後は冷蔵保存で3~4日保存がききますが、なるべく早めに食べ切りましょう。
最初に小分けして、ラップでくるんで冷凍もOKなのだとか。

とは言え、食べ残りをどうしようとか考える暇もなく、お皿の上からなくなってしまうことでしょう……。

機械任せではなく、職人の手で丁寧にほぐされた肉の繊維と旨みのカタマリ。
芸術的な美しさを感じます。

いろいろ食べ方はあるそうなのですが、私、初めての経験です。
まずは、なにもいじらず、そのままをいただきます。

見ての通り、贅沢に厚切りカットしたわけですが、全くもって塩っぱくありません。
逆に、まろやかさを先に感じ取ることができます。
これは、和牛の乳脂の効果かもしれません。

加熱したほうが美味しさが増すのでは……という心配も無用でした。
もちろん、加熱しても新たな美味しさに出会うことも出来るのですが、炒めることで脂が溶け出してしまいます。
とにかく、初めて食べる際は、「まずはなにもせず、そのまま」をいただきましょう。

これぞ、あけぼの。
食べた瞬間、あなたにも訪れる、「コンビーフ界の夜明け」です。

使い方も色々。コンビーフ料理の幅が広がります

「ありのまま」の味を堪能しましたら、あとはアレンジを楽しむべし。

人気のアレンジは、炊き立てご飯にそのままコンビーフを好きなだけオン!
熱々ご飯の熱でコンビーフの脂が溶けてきたところへ、わさび醤油を投下する……という食し方。

過去には、TV番組「ダウンタウンDX」でもタレントの勝俣州和さんが“ハマリ飯”として、この「千駄木腰塚」の自家製コンビーフを紹介していました。
グルメ芸能人としても有名な勝俣州和さんがハマっている食べ方、気になりますよね?
それは、コンビーフをのせたご飯に卵の黄身をのせて卵かけご飯にし、そこへ燻製醤油をたらす手法。
想像するだけで、口の中がジュワッてなりますね。

他にも、公式サイトにはいろいろな食べ方も紹介されています。
キャベツとチェダーチーズを一緒にパンに挟んだサンドや、ジャガイモと一緒に炒めてジャーマンポテト風に。ロールキャベツやオムレツやマッシュポテトに混ぜ込む等……。いつもの料理がリッチな味わいに大変身します。
なんと、カレーや肉じゃがに加える人もいるとか!!

コンビーフ料理の世界が広がりますね。

卵 & SENDAGI KOSHIZUKA

「&TOKYO(アンドトーキョー)」的に書いてみました。

って、なにを急に。

そんなわけで、アレンジ料理もしてみましょう。
大好きな卵とコラボレーションさせてみました。

いつものスクランブルエッグの作り方に、ただ、「千駄木 腰塚」のコンビーフを加えるだけ。
最初にコンビーフを炒めて香りがたってきたところへ、溶き卵を流し入れ、半熟で火からあげます。
コンビーフの味が活きているので、塩や胡椒は必要なし。
加えるとしたら、仕上げにバターを少々……。

コンビーフを炒めたことで繊維一本一本がほぐれ、オートメーションでは決して出せない、職人の手でほぐされた牛肉ならではのしっかりとした存在感がわかります。

自家製コンビーフは、400g入って特別価格の1,650円+税。(※2016.12月現在)
厳選された素材と職人さんの手間暇を考えると安価です。
品質を落とすことなく、お得な価格を維持できるのは、セリ、加工、販売のすべてを一貫して行っているからこそ実現できる価格。
コストパフォーマンスに自信をもち、いつでもギリギリの価格で提供しながらも、品質は決して落とさず一級品。
これぞ、江戸っ子の心意気ですね!!
かっこいいです。

「知る人ぞ知る、下町のお肉屋さん」として、親しまれ続ける「千駄木腰塚」は、創業昭和24年。
谷中・千駄木よみせ通り商店街の中程にあります。
最寄駅はJR日暮里駅。駅から徒歩8分程の場所です。

お店に足を運べないという方でも、インターネット販売がありますからお家で簡単にお取り寄せ可能。
これからの季節、お正月のご馳走や贈り物にもぴったりの自家製コンビーフをぜひ、味わってみてください。
お正月っておせちに飽きてきた頃、やたらと体がお肉を欲するんですよね……。
そんな時にも最適です。

そしてお口に入れて味わったら、こう叫びましょう、
「こんなコンビーフ、食べたことがない!」
と。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

筆者profile
名前:ayataso(あやタソ)
東京在住・LIMIA公式ライター。小4の娘の方がしっかりしている1978年7月29日生まれで、まだ伸びると思っている身長147センチ(自称151センチ)。映像制作からスタートした職歴でしたがいつの間にかライター業に落ち着いたのは、書く事が楽しいから。ドライブと街散策でいろいろなものを見て回ったり、新しモノ好きなので新商品チェックは欠かさない。お気に入りの情報やニュースを発信する事が好きなのでInstagram、Facebook、Blogは大切なライフパートナー。毎日、じゃ◯りこと言う某お菓子を食べないと機能停止する持病を抱えている。

[LIMIA] ayatasoのページ

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP