メディア個別 【Xmas直前】家が狭くてツリーが置けない!でもクリスマス気分は味わいたい。そんな時は100均で解決だ!【ダイソー】 | LIMIA | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

【Xmas直前】家が狭くてツリーが置けない!でもクリスマス気分は味わいたい。そんな時は100均で解決だ!【ダイソー】 

【Xmas直前】家が狭くてツリーが置けない!でもクリスマス気分は味わいたい。そんな時は100均で解決だ!【ダイソー】
~LIMIA~

もう、クリスマス直前。クリスマスってウキウキするものですが、なにしろ忙しい年末にあるイベントです。ふと気がつくと『おや…、部屋にツリーがない』部屋を見渡し、クリスマスの飾り付けがまだだったことに呆然としてしまう人もいると思います。バタバタしますからね、年末。でも『今年は、もういっか』とあきらめるのはまだ早い。部屋が狭いから場所をとるツリーはちょっと…という方も必見。今すぐパッと部屋にクリスマスの雰囲気を生み出す簡単アイデアを Present for you!

『ママ、クリスマスの飾り付けはまだ?』娘のその一言にハッ( ゚д゚)

我が家は毎年クリスマスには定番のクリスマスツリーで部屋を飾り付けしているのですが。
今年は何かと予定が重なりバタバタしていた為(←言い訳)、うっかりツリーを出すのを忘れていました。
クリスマスも間近へと差し迫ったとある週末、ボーッと抜け殻のようにテレビを観ていたら、娘が言いました。

『ママ、今年は、クリスマスの飾り付けはしないの?』

しまったー!
その一言にハッとさせられる私。

それからはもうマッハの如く、屋根裏からツリーを引っ張り出し、飾り付け。

よし、これで良いだろう。
と自己満足にひたっていたら、再度、娘が言いました。

『ママ、毎年ワンパターンだからちょっと変えたい』

なんですとー!
その一言に(やっつけ仕事がバレタ、と)ハッとさせられる私。

うーむ、どうしたものか。
確かに毎年同じツリーを飾るだけでは子どもとしては物足りないのかもしれない。

視線を横に向ければ、期待でキラキラした瞳でお願いビームを出す我が娘。
もう、“どうするアイフル”状態である。

時間もないし、お金もない。
そんな時、頭に浮かぶのは主婦の味方、100均。

よし、ひとまずダイソーに相談だ!
と、私は近くの100円均一のお店へ走ったのであった。

季節モノは100均に行けばなんとかなる、の法則

100均の代名詞とも言えるダイソーに行き、手に入れたアイテムは、こちら。

・陶器で出来たサンタクロースのオブジェ
・スノーマンの置き物
・小さなクリスマスツリー
・サンタクロースのタペストリー
・布(端切れ)

それにドリンクのおまけで付いていたツリーの形をしたキラキラしたチャーム。

ちなみに一部、100円ではなく300円商品も混ざっています。
陶器のサンタクロースは300円。
でもこれ、かなり可愛くて即決してしまいました。
そういえばドラマの劇中にもチラッと登場していたんですよね、このサンタさん。
『砂の塔』の最終回のどこがでチラッと映り込みますから録画されている方はチェックしてみてください。
砂の塔の登場人物は、セレブなタワーマンションの住民という設定なのに、100均行くんだなぁ…とぼんやり思った私です。

更にアイテムを追加して可愛く

更に可愛さを増す為に用意したモノ。
それは、お菓子。
今回はこの海外のお菓子であるチョコレートを選びました。
今は普通にスーパーでも手に入る輸入菓子。包装がなかなか可愛いんですよね。
飾った後は食べられるし、一石二鳥です。

イルミネーション的に光らせるには安全なLEDを

びっくりしたのですが、今の照明アイテムって進化しているのですね。
昔ながらのコードが緑色をしていて重さもあり、かさばる照明コードと違って、LEDの照明コードはこんなにもコンパクト。

今までの飾り付けの際に発生する悩みとして、照明コードのコンセント問題から、飾る場所には制限がありました。
せっかく綺麗に飾り付けても、延長コードを使ってはなんだか見た目が美しくありません。
でも、LEDなら大丈夫。
電源は電池なのでコンセントのない場所だって気にせず自由自在に飾り付けが可能です。
しかも軽ーい♬
熱も発生しないので安心して光らせておけるのも良いですよね。

私が選んだLEDは、このタイプ。防水加工もされていて素敵です。
便利なAmazonで手に入れました。
今はもう、クリスマスに間に合わないかも…と表示されてしまっていますが、電気屋さんでもLEDの照明は売っていますから探してみてください。

しかし、2個セットで699円は安かった。
限られた期間しか使わないモノにはそんなに費用かけたくないですからね。

では、飾っていきましょう

飾る場所は、この台の上に決定。
この味気ないゾーンに、クリスマス仕様へとチェンジする魔法をかけましょう。

隠したいものはタペストリーで封印しておしまいなさい

飾り付けをするにあたり、気になったのが、この電気のスイッチ。
全力で生活感、丸出しやん…。

そんな時はこれ。

フックを壁に取り付け、そこにタペストリーをひっかけて隠すのだ!

私、頭いい!

で、はみ出るっていうね…。

タペストリーをかけるフックを設置する際は、ポジション決めに手を抜いてはいけません。
自らの失敗により学んだ教訓です。

とりあえず気にせず進めていきましょう。

あとは置くだけ。簡単クイック

全体のバランスを見ながら、ダイソーでゲットしたクリスマスアイテムを並べていきます。
端切れは、最初に台の上に敷きましょう。

どうですか、
クリスマスっぽい!

足元が寂しいので、チョコレートを散らばせて華やかさを演出。

カラフルなキャンディーを散りばめても可愛いですね。

最後の仕上げは、LED。
こんなにもコンパクトなつくりだから、日中光らせない時でも目触りになりません。

電池の部分は後ろの方に隠してしまえるので、この点もスマートに設置出来て良いですね。

あっという間に飾り付け完成!光らせてみよう

クイックでもこんなにもちゃんとクリスマスムードを盛り上げる飾り付けが出来ます。
しかも低予算で。

これなら小さな子どもでも簡単に飾り付けできますから、安全にクリスマスの準備を楽しめますよね。

二個セットで購入したので、1本余ったLEDの照明を玄関にも取り付けてみました。
光らせるだけで、なんでもない一角にクリスマスの雰囲気が生まれます。

【おまけ】リースの材料は拾えばOK。もはや0円

枝とマツボックリを拾ってきて、霧吹きで軽く枝を湿らせてループ状に。
そこへマツボックリを付けて白いペイントを施せば、ナチュラルな雰囲気が優しいリースが完成します。

飾り付けアイテムはツリー用のもので充分。
簡単ですし、費用もかからないですからぜひ親子で作ってみてください。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

筆者profile
名前:ayataso(あやタソ)
東京在住・LIMIA公式ライター。小4の娘の方がしっかりしている1978年7月29日生まれで、まだ伸びると思っている身長147センチ(自称151センチ)。映像制作からスタートした職歴でしたがいつの間にかライター業に落ち着いたのは、書く事が楽しいから。ドライブと街散策でいろいろなものを見て回ったり、新しモノ好きなので新商品チェックは欠かさない。お気に入りの情報やニュースを発信する事が好きなのでInstagram、Facebook、Blogは大切なライフパートナー。毎日、じゃ◯りこと言う某お菓子を食べないと機能停止する持病を抱えている。

配信元

PAGETOP