人気検索ワード

夫を恨み続ける女性のタイプとは?
~妻の夫への憎しみの思いはなぜ募る?~

「出産に立ち会ってくれなかった」「結婚式が希望通りにいかなかった」「義両親に伝えてほしいことを言ってくれなかった」「お金を勝手に使ってしまう」「浮気された」などなど…。

さまざまな原因で、夫について「一生許さない」「一生恨み続ける」と言う妻はいる。

一時的な怒りではなく、長年にわたって夫に恨みを抱き続ける女性には、何か共通点があるのだろうか。オフィスベル代表で夫婦修復カウンセラーの鈴木あけみさんは言う。

「夫への恨みを抱き続ける女性は、性質として、根に持ちやすく、負の感情が強いことが挙げられると思います。いつも何かに当たり散らしていないといられない人もいますよね」(鈴木さん 以下同)

また、もともと友人づきあいでも、常に「弱者」を作り、意地悪するタイプの女性はいるもの。そうした女性が、「優しい夫」をターゲットに選んでいる場合もあるという。

「夫に対して恨みを抱くタイプの女性は、実は結婚前は、嫌われたくない一心から、言いたいことを言わなかった場合があります。それが、結婚してしまうと、急に態度が変わり、思い通りにならないだけで不満を募らせるようになるのです」
喧嘩している夫婦
 

●弱気な男性が女性の不満・怒りをエスカレートさせる

しかし、女性側だけの原因ではなく、組み合わせとして、そうした女性の怒り・恨みを増幅させてしまうタイプの男性もいるそう。

「例えば、弱気で男気のない男性、ダメなことをダメと言えない男性は、『自分が黙っていればいつかはわかってくれるはず』と思い、女性の攻撃をそのままやり過ごしがち。あるいは、妻が何を怒っているのかわからず、どう処理して良いか戸惑っている場合もあります」

そうした夫に対し、女性は「何も聞いていない」「いくら言ってもわからない」と思い、さらにエスカレートしてしまう。そして、怖いのは、その後だ。

「弱気な男性、言いたいことを言わない男性は、ある日突然、怒りを爆発させます。その方法は、妻から逃げ出し、浮気をする、急に離婚したいと言い出すなどです」

なかには、夫への怒りや恨みを言葉に出さず、自分自身の意地のために、家事や育児を完璧にこなす女性もいる。しかし、そうした思いは、相手に伝わるものだと鈴木さんは言う。

夫の過去の言動について、「許せない」という恨みをどうしても捨てられない女性たち。でも、その思いは、いつか突然、浮気や別れ話として我が身に降りかかる危険性もある。

「夫と別れる気はない」「浮気されるのは絶対に嫌」と思うのであれば、自分の中に積もる夫への恨みを手放すよう、努力してみたほうがいいかもしれない。
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP