人気検索ワード

夫を浮気に走らせる妻の特徴とは?
~夫を浮気に走らせる妻~

いつの時代も男性の浮気問題は尽きないもの。もちろん浮気は絶対に許されないアウトな行為。けれど、もしかしたら男性を浮気に走らせてしまう女性側にも何か共通する特徴があるのかも? そこで、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんにお話しを伺いました。

「これまで7000件以上の夫婦問題の相談に関わってきましたが、夫の浮気に関するご相談はやはり多いですね。そして、そこでわかったことは、“浮気”は当然する方が悪いことに変わりませんが、その一方で浮気される妻にはいくつかの特徴があるということです」(高草木さん 以下同)

これまで高草木さんがカウンセリングした多くの夫婦のケースから、“夫を浮気に走らせる妻”には、主に以下の4つの特徴があるという。

●《特徴1》子ども中心の妻

「母として子ども中心になるのは当然ですよね。もちろん夫も子どもは可愛いのです。しかし、男性は基本“かまってちゃん”だということを忘れてはいけません。つまり、あからさまに“子ども中心よ!”という言動を見せてはいけません。男性はそれを感じとると、やがて“自分て何なの?”“何のためにオレがんばって働いてるの?”“自分は必要とされてないんだな。だったら、必要としてくれる女性のところに行こう…”と、思ってしまう。それが男なのです」

“子ども中心になって当然”と多くの妻が思っているからこそ、夫の寂しさに気づきにくいので、注意が必要だという。

「心のなかでは子ども中心と思っていてもいいのです。夫にそれを感じさせない“アナタがいてこその子どもでしょ”という対応を日ごろから心掛けましょう!」

●《特徴2》セックスを拒み続ける妻

「セックスに対する考え方も、男女に違いがあるので気を付けましょう。女性としては、現状ではもちろん夫のことは嫌いじゃないし、ちょっと面倒だな、今はその気分じゃない…くらいのつもりでセックスを拒み続けているケースがほとんど。しかし、男性としては、セックスを拒み続ける=拒否されている、嫌われている、認めてもらえていない…。だったら他の女性に走ったほうがいいのかな。と、なってしまうのです」

夫から求められるということは、好意の表れであり、“女性としてみられている”という証。だからこそ、“拒み続けてたらいけないな”という意識を持つことは大切だという。

「せめて3回に1回、5回に1回くらいは応じるようにしていかないと、そのまま2年、3年経ってしまった場合は、妻として責任があると思いますね。セックスを拒み続けたことで離婚裁判とまでは発展するケースはありませんが、離婚原因のひとつとして“セックスレス”を挙げるケースは多いです。女性としては、浮気されてはじめて“えっ、こんなことで悩んでたの?”と、なりやすいケースなので意識しておきましょう」
夫を浮気に走らせる妻
 

●《特徴3》受け答えに否定的な妻

「妻の否定的な受け答えに悩む男性は、一番多いかもしれませんね。『何をいっても“でもさ”、“そうじゃない”と、受け入れてもらえないんですよ』と。これは、妻としては無意識だったり、口癖みたいにやってしまっている人が多いんですけど、男性としてはすごく深刻に受け止めている人が多いんです」

妻が否定的な言葉しか返してこないということは、まともなコミュニケーションが取れないということ。

「自分の意見も聞いてもらえない、感情も吐き出せない、受け止めてもらえない…そうなると、何を言っても無駄だな…。となってしまいます。そうなれば、自分のことを受け止めてくれる別の女性のところに行きたくなるのもわかりますね。男性にはプライドもあります。こちらに言い分や意見があったとしても、『そうだね~』『わかる~』『そういう考え方もあるんだね』と一旦受け止めてから、こちらの意見を言うように心がけてみましょう」

●《特徴4》干渉しすぎる妻

「男性というのは、“かまってちゃん”な面を持つ一方で、自分のテリトリーにズカズカ入ってこられるのをイヤがる人も多いです。知りもしない仕事のことにいちいち口出しをしてきたり、『今日は誰とどこに行くの?』『何時に帰るの?』と、必要以上に干渉されることはうっとうしく感じてしまう。妻に求める理想としては、陰で支えてくれる“縁の下の力持ち”なのです。干渉しすぎが原因で旦那さんが浮気に走ってしまったというケースをたくさん見てきていますので、気を付けましょう」

誰もがやってしまいがちな特徴ばかりでドキっとした奥さんも多いと思いますが、度を越せば男性はこの状況から逃れようと浮気に走る可能性大! 浮気をした夫が悪いとしても 、“時すでに遅し”とならないように、くれぐれも気を付けましょう!
(構成・文/横田裕美子)

書籍紹介

お話を伺った人

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP