メディア個別 いつか必ずパパになる日がくる!わが家の夫がパパになった日 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

いつか必ずパパになる日がくる!わが家の夫がパパになった日 

いつか必ずパパになる日がくる!わが家の夫がパパになった日
~ベビーカレンダー~

三度の流産を経験し、四度目で念願の出産!生まれたばかりのわが子をうれしそうに抱っこしている主人。きっといいパパになると思っていましたが、現実は違いました。
主人が少しずつパパになっていく様子と不安なママの気持ちを交えながら、その期間の過ごし方のヒントをお伝えします。

三度の流産を経験し、四度目で念願の出産!生まれたばかりのわが子をうれしそうに抱っこしている主人。きっといいパパになると思っていましたが、現実は違いました。主人が少しずつパパになっていく様子と不安なママの気持ちを交えながら、その期間の過ごし方のヒントをお伝えします。

念願の安定期!おなかに触れない主人

子どもが大好きで、子どもができることを心待ちにしていた主人。妊娠3カ月での流産を三度経験し、四度目で初めて安定期を迎えることができたときは、涙が出るほどうれしさでいっぱいでした。


胎動が始まり、私はうれしくて、おなかをさすりながらおなかの中の赤ちゃんに声をかけていましたが、なぜか夫は私のおなかを触ろうとしませんでした。いくら夫に促しても、「いや、生まれてくるまでは……」と言うばかり。三度の流産経験から、ダメだったときのつらさが耐え難く、浮かれてはいけない!と自分に言い聞かせているようでした。

いよいよ出産!初めての抱っこは夫

出産は帝王切開のため、誕生した娘の初抱っこは夫でした。写真で見る主人は、大事そうに娘を抱え込み、にやけた表情。本当にうれしい!という気持ちがあふれていました。


入院中は、仕事帰りに病院に来ては娘を見て帰る毎日。ところが退院後、夫は娘を抱っこするなど、すすんでお世話をすることはありませんでした。娘のお世話はすべて私の係り。私は、「自分の娘がかわいくないの!?」と、夫の態度に戸惑い、睡眠不足と育児疲れでイライラが募るばかりでした。

変わり始めた夫 、パパになる

夫が変わり始めたのは、娘が生後2カ月のころ。娘にだんだんと表情が現れ、体も大きくなり、しっかりし始めて安心したのか、すすんで抱っこするようになりました。仕事帰りは決まってベビーベッドへ。私が忙しいときは、自分からすすんでミルクをあげたり、おむつ替えをしたり。何も言っていないのに、お風呂を洗い出し、娘と入ることもありました。


娘のお世話のほとんどはまだまだ私ですが、協力的な夫の態度にイライラが減っていきました。パパとしての何かが、夫の中で芽生えたのではないかと感じています。


今になって思うと、わが家の夫には、パパになるための準備期間が必要だったのだと思います。いつか必ずパパになる日がくる。それまではイライラせずに、「赤ちゃんがパパを見ているよ~。抱っこしてみない?」と、ママがパパの育児参加を促したり、待ってあげたりすることも必要なのかもしれないと感じた経験でした。(TEXT:ママライター永山たまこ)


配信元

PAGETOP