メディア個別 【2人目の妊活】年の差を意識しすぎて妊娠できないことにあせりを感じた | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【2人目の妊活】年の差を意識しすぎて妊娠できないことにあせりを感じた 

【2人目の妊活】年の差を意識しすぎて妊娠できないことにあせりを感じた
~ベビーカレンダー~

息子が1歳3カ月。2人目を考えるタイミングになりました。2歳差の赤ちゃんを産むためには、もう半年もありません。年の差を意識するがゆえ、妊娠できないことにあせりを感じました。今振り返れば、年の差はそこまで気にする必要はなかったのではないかと感じています。

息子が1歳をすぎ、そろそろ2人目を考えるようになったころ、正直そんな余裕がないくらい育児に悩まされていました。でも、年の差が近いきょうだいがほしい気持ちはあります。理想は2歳差でした。今回は、私の2人目妊活エピソードをお伝えします。

そろそろ2人目を考えなければ……

当時、息子は1歳3カ月。夜泣きはひどく、1時間以上まとまって眠ることが少ない状況でした。出産してから1年以上も睡眠不足が解消されていません。


そんななか、そろそろ2人目を考えるタイミングに。息子と同い年の子どもを持つママは次々と妊娠していきました。2歳差を好むママが多かったように思います。私もそうだったので、あせりを感じていました。

2歳差が理想だけど、もう半年もない!

2歳差の子を産むには、いつまでに妊娠すれば間に合うのだろうと計算したところ、息子が1歳11カ月になるころには妊娠をしている必要があると分かりました。本格的に妊活を開始したのは息子が1歳6カ月ごろでした。もう半年もありません。


また、「女の子」がほしかったため、産み分けにもチャレンジしました。基礎体温表や排卵検査薬を使い、計画的に妊活をしました。ところが思うように妊娠できません。

あせればあせるほど妊娠できない

年の差を意識するがゆえに、妊娠できないことにあせりを感じました。あっという間に息子は2歳になり、2歳差は不可能に。息子が2歳になってから妊娠し、年の差は3歳になりました。


2歳差が理想だった理由は、学校の卒入学が重ならないなど、メリットを感じていたからです。でも、今振り返れば、年の差はそこまで気にする必要はなかったと感じます。


2人目はほしいけれど、思うように妊娠できないと悩む方もいるはずです。1人目の妊娠が早かった方はとくに不安でしょう。しかし、親が赤ちゃんの誕生日を選ぶことはできません。あまり構えすぎないことも妊活するうえで大切だと感じました。(TEXT:ママライター田中由惟)


配信元

PAGETOP