メディア個別 赤ちゃんのお昼寝って何回すればいいの? | 赤ちゃんをぐっすり寝かす方法 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
赤ちゃんのお昼寝って何回すればいいの? 

赤ちゃんのお昼寝って何回すればいいの?
~赤ちゃんをぐっすり寝かす方法~

赤ちゃんは天候や体調によって、お昼寝の回数や長さが変わってくることがありますね。けれど、あまり寝かせすぎると、夜まったく眠らない!ということも…。夜の睡眠時間を安定させるためにも、ある程度リズムを作ってあげるのがよいですね。

眠る赤ちゃん
 

1日の睡眠時間はどのくらい?

赤ちゃんの1日の睡眠時間は月齢によって異なります。新生児の場合は16~18時間。ママはまだまだ産後で大変な時期ですが睡眠については赤ちゃんに任せて、眠れる時は寝かせてあげましょう。昼夜の区別がだんだんとついてきて、夜の睡眠時間が長くなってくる6ヶ月頃からは、個人差はありますがおおよそ11~13時間。1歳を過ぎれば12時間前後が目安です。

お昼寝の時間はどのくらい?

「朝7時に起きて夜8時には寝る」という生活の場合、6ヶ月以上1歳未満の赤ちゃんであれば、お昼寝は午前9~11時頃に1時間、午後に2~3時間、日によって夕方に30分程度が理想的です。

お昼寝を上手に切り上げるコツ

午後、もしくは夕方のお昼寝が長引いてしまうと、当然のことながら夜の睡眠時間に影響してしまいます。自然に目覚めない場合は、機嫌を損ねないように起こしてあげるのもいいですね。そして、眠っている赤ちゃんを観察していると、もぞもぞと動き始めることがあります。これはレム睡眠と呼ばれる浅い睡眠のサイクルに入っている可能性があるので、この頃に声をかけてあげれば、赤ちゃんも気持ちよく起きられるかもしれません。

お昼寝時間を習慣化していくことで、生活全体のリズムが整いやすくなり、夜の睡眠時間を長くしていくこともできます。赤ちゃんのご機嫌をみながら1日の流れを作ってみましょう。

(文・杉山皐月)
PAGETOP