メディア個別 北欧流「のびのび育児」を取り入れよう | ここがスゴイよ! 北欧の子育て事情 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

北欧流「のびのび育児」を取り入れよう 

北欧流「のびのび育児」を取り入れよう
~ここがスゴイよ! 北欧の子育て事情~

先進国のなかでも、子どもの学力が高いことで知られるフィンランド。また、最近は北欧発のデザインが世界的に人気を博すなど、その自由な色使いをはじめとする感性の豊かさが注目を集めています。

こうした学力や感性はどのように育まれるのでしょうか? 今回はフィンランドの子育ての特徴について、同国出身で2人の子どものお母さんでもある、坂根シルックさんにお話を聞きました。

子どもの“強み”を伸ばすのがフィンランド流

まず、フィンランドの子育ての根本には“長所を伸ばす”という考え方があるようです。

「もともとフィンランドの人たちは、子どもたちが得意なことや好きなことをしっかり伸ばしてあげるという考え方を持っています。学校でも家庭でも、褒めてあげることがすごく多いと思います。なにかひとつを褒められると、ほかのことも自然と頑張ろうとするものです」(シルックさん 以下同)

また、のびのびと子どもの成長を待つおおらかさも同国ならでは。競争社会の風土が根強い日本では考えられないほど、のんびりした教育方針が浸透しているようです。

「子ども自身、とくに興味を持てることがない場合も何かを無理矢理やらせることはせず、気長に待つようにしますね。そして、もしやりたいことが見つかったら全力でサポートします。フィンランドには『ライバル』という言葉がないこともあって、社会全体的にも競争を嫌うので、誰かと比べるということもしません。その子の個性をしっかり認めてあげるというのが特徴です」
北欧流「のびのび育児」を取り入れよう
 
こうした「他人の子どもたちと比べない」考え方が広がっているからこそ、クリエイティブな感性も育ちやすいとシルックさんはいいます。

「私の知る限りではありますが、フィンランドの家庭では『お兄ちゃんなんだから我慢しなさい』とか『〇〇ちゃんもすごく頑張ってるんだから』などという、言い方はしません。“こうあるべき”という筋道を立てて諭したり、価値観を押し付けるようなことは、まずしませんね。また、親自身も理想的なお父さん、お母さんであろうとせずに本音で子どもと接していますね。まずは、子どものやることや考えを認めてあげて、好きなことをやりたいようにさせることが、結果的に個性的でクリエイティブな感性が育っていくのではないでしょうか」

周囲や世間の考えに流されずに、子どもと向き合ってあげるフィンランドの子育て。それが、何事にも縛られない自由な感性が育っていく秘密かも知れません。
(文・末吉陽子/やじろべえ)

【取材協力】

PAGETOP