メディア個別 夏は頭痛が多くなる?原因と対策は | 今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

夏は頭痛が多くなる?原因と対策は
~今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ~

二日酔いや生理、過度の緊張やストレスなど、頭痛を引き起こす原因は多々あるが、実は季節も関係していることをご存じだろうか? 暑い時期になると、頭痛の頻度が増える人も少なくないという。なぜ暑いと頭痛が起きるのか、原因と対策を紹介しよう。

●夏頭痛の原因は諸説あり

そもそも頭痛は、脳の血管が拡張して起きる「片頭痛」と、頭や首、肩の筋肉が緊張して起こる「緊張型頭痛」があるのだが、夏頭痛はいったいどちらのタイプに該当するのか? 実は両方とも該当する可能性があり、少しやっかいだ。
夏は頭痛が多くなる?原因と対策は
 
エアコンで室内をキンキンに冷やしてしまうと、体の筋肉が収縮し血流が悪くなり、「緊張型頭痛」の原因に。さらに、涼しい部屋から暑い屋外に出ると、激しい気温差が影響し「片頭痛」を引き起こす可能性がある。また、夏の強い日差しの光で脳が刺激され、これが「片頭痛」の原因になることも。
他にも、水分不足で血液がどろどろになり、血流が悪くなった結果、頭痛を招いてしまうこともあるよう。水分不足は熱中症を引き起こす原因にもなるため、十分に注意が必要だろう。

●夏頭痛の予防策や解消法は

では、夏頭痛を予防するためには、どうすればよいのか? まずは、エアコンの使い方。少し設定温度をあげて、体に直接風があたらないようにするなど、冷え過ぎないように注意しよう。日中に外出する際は、サングラスを使うと目に入る光も軽減されるので、脳への刺激を抑えることができる。あとは水分補給。熱中症対策のためにも、こまめな水分補給を心がけよう。

とはいえ、いくら予防策を実践しても、頭痛が起きてしまうことも…。そんなときは、冷たいタオルや冷却シートなどを痛む部位に当てると、血管を収縮して痛みを軽減させることができる。また、紅茶やコーヒーなどに含まれるカフェインも、血管を収縮させる作用があるので、適量を摂取すると痛みが和らぐことがあるそう。

頭痛は国民病と呼ばれるほど身近な存在なだけに、つい軽視してしまいがち。しかし、場合によっては重大な病気が発する危険信号の可能性もあるかもしれない。頭痛に悩まされている人は、一度病院で診察してもらう。
(文・奈古善晴/考務店)
PAGETOP