メディア個別 松本人志&乙武洋匡・マタニティマークについて語る | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

松本人志&乙武洋匡・マタニティマークについて語る
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

10月25日(日)に放送された『ワイドナショー』にて、導入されてから10年経ったマタニティマークが取り上げられた。これは妊娠初期の赤ちゃんの成長だけでなく、ママの健康を維持するという目的のもと、安全性と快適さの確保を目指して厚生労働省が導入したもの。しかし近年、反感や嫌がらせのターゲットにされやすいことから、マークをつけることを控えるママが増えているという。

ゲストとして出演した乙武洋匡氏は「まだお腹が膨らんでいない、でも、つわりとかで辛い時期こそこのマークが必要だけど、バッシングされるからといって(マークを)つける側が配慮することは逆だと思う」とコメント。また「女性専用車両のように、ベビーカー専用・妊婦さん専用車両みたいなものを作るのもひとつの手段だと思う」と提案した。

一方、番組コメンテーターの松本人志は「嫌がらせはおかしいと思いますよ。でも、このマークが幸せいっぱいすぎて反感を買うのかもしれない。(デザインは)もうちょっとシリアスな方がいいのかも。ちょっと水戸黄門の印籠的なニュアンスもあるのでは」と、別の角度からの意見を語った。

マタニティマークをめぐっては今後も議論が続きそうだが、ママが安心してマタニティマークをつけられる社会であることが望ましいことは間違いないだろう。

(文/池野フナ子)
PAGETOP