メディア個別 引きこもり、非行…元子役・内山信二が転落人生を激白! | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

引きこもり、非行…元子役・内山信二が転落人生を激白!
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

タレントの内山信二(34)が11月2日(月)に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』に出演した際に言った言葉が、ママの間で反響を呼んでいる。

6歳でデビューした内山は人気バラエティー番組『あっぱれさんま大先生』でブレイク。テレビだけでなくCMでも大活躍し、当時は契約本数が10社以上、10歳にして月収3000万円稼いだこともあったという。しかし、突然、見たこともない大金が舞い込んできたことによって、彼の金銭感覚はキチンと形成される前に崩壊してしまう。

小学1年生で1回5万円ものおこずかいを手にし、駄菓子屋ではお菓子を棚ごと買い、女子に1万円渡し「好きなものを買っていいよ」と言い放ったという内山。また、素行を親に注意されても「僕、あんたたちより稼いでいるんですけど」、学校でも「先生、収入いくら?」などと悪びれずに開き直ったという。

そんな内山だったが、成長期を迎えた10歳をピークに子役としての価値が下がり、仕事が激減していく。ひとたび転落すると落ちるのも早く「自分だけは大丈夫」と慢心していたことも重なり、状況はますます悪化。友だちも離れ、高校を中退、町の人たちからは「あの頃はかわいかったのにね」「最近テレビに出ないね」と心ない言葉をかけられ、ついには引きこもり、その反動で非行に走る。

「このままではいけない」と思った彼は、バイトを開始。そして、引越し作業で朝から晩まで汗を流してもらった給料が1万円だったことから、ようやくお金の重みを知ったのだという。内山は壮絶な過去を振り返り、最後に1万円札を取り出し「いくらもらったかより、何でもらったかを知ることが大事」と締めくくった。現在、隆盛ともいえる子役ビジネス。わが子を芸能界デビューさせたいと熱心に取り組んでいるママにとって、彼の生きざまは反面教師として学ぶことが多かったに違いない。

(文/池野フナ子)
PAGETOP