メディア個別 冬場の光熱費に注意!節約するための3つの方法 | 今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

冬場の光熱費に注意!節約するための3つの方法
~今日の注目を紹介! ママニュースアンテナ~

気づけばもう11月も終わり間近。すっかり寒くなって、暖房器具を使いはじめている人も多いのではないでしょうか。しかし、注意したいのが毎日の光熱費。寒さ対策でエアコンやヒーター、食器洗いのお湯など、たくさん使ってしまうと、電気代やガス代がいつもより多い…。少しでも節約するためにどんな方法があるのでしょうか?

●食器洗いはまとめ洗い

「もったいない」とわかっていながらやってしまうことが、水道を出しっぱなしにしながらの食器洗い。これは絶対にNG! 食器を洗う際は、桶などに水を溜めてまとめて洗うと節水効果が高くなります。また、冬場はお湯を使いたくなりますが、ゴム手袋をして水洗いしたほうが節約の観点では良いといえます。
冬場の光熱費に注意!節約するための3つの方法
 

●お風呂の追い炊き機能は使わない

冬場になると、冷え切った体を温めるために、普段よりも長めにシャワーを浴びてしまいがち。そうすると、水道もガス代も上がってしまいます。子どもを持つ家庭であれば、お風呂にお湯を入れて体を温めるようにして、シャワーを短時間ですませるようにするといいでしょう。また、お湯に浮かべる保温シートや蓋をしっかりすることで、お湯が冷めづらいようになります。もし、お湯が冷めてしまったら、追い炊きではなく直接お湯を入れたほうが節約になるのだとか。他にもシャワーヘッドを節水タイプに付け替えても◎。冬場のお湯は光熱費が高くなる要因のひとつなので注意してください。

●エアコンのフィルターはこまめに掃除する

エアコンを使う際は、効率をあげるためにフィルターの掃除をすることがオススメ。目安としては2週間に1度くらいの頻度で掃除をすると、節約につながる可能性が高いです。もちろん、衣服をしっかりと着て、エアコンの設定温度を低めに設定するのも効果的。他にも扇風機やサーキュレーターで室内の空気を循環させると、暖房効率があがるので節約になるかもしれません。

これからドンドン寒くなっていくので、今回のような節約テクニックを使って、なるべく光熱費が高くならないように工夫するといいでしょう。
(文・奈古善晴/考務店)
PAGETOP