メディア個別 ○○がイヤ!ママたちVS義実家エピソード | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

○○がイヤ!ママたちVS義実家エピソード
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

ママテナでは、「義実家に帰省、ぶっちゃけどう?」(有効回答:334名)というアンケート調査を行いました。本調査では、義実家への帰省を快く思わないママが多い様子。では、具体的にイヤなところって?

○○がイヤ!ママたちVS義実家エピソード
 

●義実家への帰省「気疲れ」がイヤ!?

本調査では、「あなたのパートナーの実家(義実家)に帰省したいと思いますか?」という項目があります。なんと、78.1%のママは、「どちらかといえば帰省したくない」「帰省したくない」と回答。そこで、帰省したくない理由についても聞いてみたところ、「気を遣う」という意見が散見されました。では、本調査に協力してくれた334人のママのうち、どれほどのママが「気を遣う」と思っているのでしょうか?

□義実家への帰省は気を遣いますか?
1位)すごく気を遣う(52.7%)
2位)少しだけ気を遣う(37.1%)
3位)あまり気を遣わない(8.1%)
4位)まったく気を遣わない(2.1%)

およそ9割のママは、義実家では気を遣っているようです。なかでも、「すごく気を遣う」と回答したママは半数以上! 帰省している間、「なかなか気が休まらない」というのが、多くのママたちの本音かも?

●どんなことに気を遣っているの?

ほぼ全員のママが「気を遣う」と答えた、義実家への帰省。どんなところに気を遣うことが多いのか、気になるところ。ママたちの意見は?

□どんなところに気を遣いますか? TOP5
1位)義母とのコミュニケーション(67.3%)
2位)料理の手伝い(59.7%)
3位)義父とのコミュニケーション(49.7%)
4位)起床や就寝などの生活リズム(43.7%)
5位)トイレやお風呂を使うタイミング(39.0%)

やはり、義父母とのコミュニケーションに悩むママは多い様子。「嫁・姑バトル」や「義父のセクハラ」など、義実家とのトラブルはよく耳にしますよね。結婚したとはいえ、いまだに“よそ者”意識が強い家庭も少なくないということでしょうか…?

●ママたちの義実家エピソード!

義実家への帰省をイヤがるママが多いのには、きっと理由があるはず。義実家に帰省して体験した、嫌な思い出についても回答してもらいました。

□義実家に帰省してイヤだったエピソード
「子どもの行動一つひとつに文句を言ってくるからイヤだった」(30代前半)
「ゲームばかりやらせる」(30代後半)
「姑の洗った食器が汚すぎる」(20代後半)
「義母が旦那(息子)のことが可愛くて、うっかり旦那の愚痴を言ったときにまったく返事をしてもらえなかった」(30代前半)
「義母のスキンシップが激しく、子どもたちが引く」(30代前半)
「お茶すら出てこない旦那・子どもの好きな食べ物しか出てこない」(40代前半)

義父母にとっては、可愛い孫。ついつい子どもたちを甘やかしてしまいがちですよね。しかしそれがママたちを悩ませる原因に…。また、「男の子はまだ?」「2人目はいつ?」など、夫婦のデリケートな問題にまで首を突っ込んでくる義父母の無神経さに、嫌悪感を覚えるママは少なくないようです。また、嫁(ママ)を空気のように扱う義母もまだまだ多い?

一方、義実家への帰省に気乗りしないママが多いとはいえ、きっと嫌なことばかりではありませんよね。義実家で体験した、ほっこりエピソードも教えてもらいました。

□義実家に帰省して嬉しかったエピソード
「子どもの世話を進んで引き受けてくれて、夫と二人っきりで出かけられるようにしてくれます」(30代前半)
「子どもと遊んでもらってる間に昼寝させてもらえた」(20代後半)
「上げ膳据え膳なので楽です」(40代前半)
「あちこちからお小遣いをたくさんもらえる」(30代後半)
「孫と会えて、喜んでくれる」(30代後半)
「ごちそうを用意してくれる」(30代後半)

普段は、家事と育児をほとんど1人でこなすママ。そのツラさをわかってくれているのか、子どもの面倒を見てくれたり、家事を全部やってくれたり。ママが休めるよう、工夫してくれるという声が多く聞かれました。また、子どもにとってもメリットがあるようで、「大自然で思いっきり遊べる」「いとこたちと会えて嬉しそう」という声も多いようです。

何かと敬遠されがちな義実家への帰省。しかし、きっと嫌なことばかりではありません。もし、義父母との関係をより良くしたいと思うなら、まずは少しだけ、歩みよってみれば心を開いてくれるかもしれませんよ?
(文・明日陽樹/考務店)

PAGETOP