メディア個別 銀メダルに悔し涙! 吉田沙保里のギャラ問題に母親が反論 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

銀メダルに悔し涙! 吉田沙保里のギャラ問題に母親が反論
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

8月18日(木)リオデジャネイロ五輪・レスリング女子53キロ級決勝でヘレン・マルーリス(24)に敗れ、悲願の五輪4連覇を逃した吉田沙保里(33)。先月発売された『週刊新潮』がそんな吉田の“銭ゲバ問題”を報じたが、それに対して吉田の母・幸代さんが発売中の『週刊文春』で猛反論している。

銀メダルに悔し涙! 吉田沙保里のギャラ問題に母親が反論
 
吉田は昨年12月にフリーに転身。ある会社とマネージメント契約を結んだ。とあるスポーツ記者によれば、今年5月に行われたレスリングの全日本選抜選手権に吉田が来場した際、取材しようとした記者団に対し、吉田のマネージャーが「明日大学で取材を受けるから今日は勘弁してほしい。どうしてもというのであれば3万円をお願いします」と要求。さらにこのマネージャーが「今後、個別の取材には3万円を頂戴します」と通告したという。

この報道に対し、吉田の母・幸代さんが『週刊文春』で猛反論。「テレビ番組に呼ばれて出演料を頂くことはありますが、レスリング取材でお金を受け取ることは絶対にありません」とコメント。マネージメント会社も「試合後の囲み取材や個別取材で取材費を要求することはなく、雑誌等の取材に参加された記者が混同されたと存じます」と回答した。

決勝戦後のインタビューで「取り返しのつかないことになってしまった。日本のみなさんごめんなさい」と泣きながら謝っていた吉田。“絶対女王”“霊長類最強”と呼ばれた彼女が漏らした心の声に、誰もが胸を打たれたに違いない。ギャラ要求問題の決着も含め、国民的スター選手の今後の動向に注目したい。

(文/タカザワ紅緒)
PAGETOP