メディア個別 KEIKO・小室哲哉の献身愛で劇的回復! 家族でお祝いディナーへ | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

KEIKO・小室哲哉の献身愛で劇的回復! 家族でお祝いディナーへ
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

’11年にくも膜下出血で倒れたボーカリストのKEIKO(44)が、自身の誕生日にしっかりとした足取りで家族ディナーに向かう様子を8月23日(火)発売の『女性自身』がキャッチした。

KEIKO・小室哲哉の献身愛で劇的回復! 家族でお祝いディナーへ
 
’95年にglobeのボーカルとしてデビューし、’02年にglobeのメンバーで音楽プロデューサーの小室哲哉(57)と結婚した彼女。’08年に小室が5億円の詐欺容疑で逮捕された際には一部マスコミで噂された離婚を否定するなど、妻として夫を守る姿を見せた。しかし’11年に突然、くも膜下出血を発症し緊急手術。それ以来、夫である小室の献身的なサポートのもと、通院と自宅療養によるリハビリの日々が今も続いている。

同誌では、彼女の誕生日である8月18日(木)に小室と彼女の実母、姉、姪っ子2人と都心の商業施設のレストランでお祝いディナーをしたことを報告。大きな声で滑舌もしっかりとしており、劇的な回復を見せているという。

globeとして『DEPARTURES』(約229万枚)『Can’t Stop Fallin’ in Love』(約131万枚)『FACE』(約132万枚)と3枚のミリオンヒットを持ち、90年代を代表する歌手として一つの時代を築いた彼女。元気に歌う姿をもう一度見たいと思っている人は多いはずだ。

(文/池野フナ子)
PAGETOP