人気検索ワード

お友だちと一緒にごはん♪お友だちが食物アレルギーだったらどうする? 

お友だちと一緒にごはん♪お友だちが食物アレルギーだったらどうする?
~クックパッドベビー~

こんにちは!ママライターの中浦明子です。みんなで食べるごはんってやっぱりおいしく感じますよね。でも、そのお友だちに食物アレルギーがあったら、子どもにはどのように説明したらいいのでしょうか。今回は、アレルギーのあるお友だちとの食事の際に、私が行ったことについてお話したいと思います。

 

 

こんにちは!ママライターの中浦明子です。みんなで食べるごはんってやっぱりおいしく感じますよね。でも、そのお友だちに食物アレルギーがあったら、子どもにはどのように説明したらいいのでしょうか。今回は、アレルギーのあるお友だちとの食事の際に、私が行ったことについてお話したいと思います。

 

アレルギー品目と、OKな範囲は必ず確認

 

まず確認したのはアレルギー品目とOKな範囲です。アレルギーと言えども多種多様で個人差があります。そして、「加熱していればOK」「同じ調理器具もNG」など、気を付けるべき範囲も個人差があります。

 

ここはとても重要なので、お友だちのパパやママに必ず確認を取りました。アレルゲンが口に入らなければ大丈夫と思っていたものも、くわしく聞いてみると、アレルゲンにさわった手で体に触れるのもダメとわかり、ヒヤっとしたこともあります。

 

子どもへの伝え方

 

子どもへは「牛乳を飲んだままのお手てやお口でくっついたら、〇〇ちゃんかゆかゆになって、とっても苦しいの。お母さんもときどきお肌が真っ赤になってかゆい!って苦しそうにしてるよね」「〇〇ちゃんはもっとつらくなるかもしれないよ。だから、今日はごはん食べてるときはくっついたりさわったりしないよ。かえっこもなしだよ」と具体的に伝えました。

 

実際に私がアトピーだったので、わが子にも伝わりやすかったのかもしれません。

 

 

自分のお弁当とおやつにもアレルゲンを入れない

 

当日はアレルゲンのないお弁当と、事前にお友だちがふだん食べているお菓子を聞いて、同じものを用意しました。また、手の消毒もお水とアルコール系スプレーの2種類を持参しました。

 

気を使われすぎてもイヤかも……とも思いましたが、アレルギーは発症すると本当につらくてこわいので、できる限りの対策をしたかったのです。それに、一度メーカーなどを確認すれば、次回からは同じものを用意できるので、最初にくわしく聞くことは必要!と割り切りました。

 

 

大好きなお友だちだからこそ、きちんと確認しておきたいアレルギー。でも、もっとスマートに聞く方法もあったとも思います。もっとこうやって聞けばいい、こう対策したらいいなど、よりよい方法をこれからも模索していきたいです。(TEXT:ママライター中浦明子)

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP