メディア個別 佳子さまが反抗期を乗り越えた【秋篠宮家のルール】とは? | 天皇家の子育てってどうしてるの? ~共働き夫婦・秋篠宮家流子育て術 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

佳子さまが反抗期を乗り越えた【秋篠宮家のルール】とは?
~天皇家の子育てってどうしてるの? ~共働き夫婦・秋篠宮家流子育て術~

共働き夫婦でもある秋篠宮ご夫妻は、子育てと仕事をどう両立させているのだろうか。親子ゲンカが珍しくない、女子大生の佳子さまと、秋篠宮ご夫妻だが、親子の絆は固い。その秘訣は、お子さま方は小さな頃から家族で続けていたちょっとした習慣だったという。

前回に続き2回目は、多忙な共働き夫婦と子どもの間で育む家族の絆に焦点を当てながら、働くママがすぐに実践できる子育てのコツを探っていこう。

●たったひと言が、多忙な家族の絆をつなぐ

子どもがもう少し大きくなると、秋篠宮家では、「一人前の人」として扱うことを大事にする。

秋篠宮家創設から取材を続ける高清水有子さんは、こう話す。

「どんなに忙しくとも、子どもからの問いかけは聞き流すことはなさらない。両殿下もわからない内容であれば、数分でも時間を見つけて一緒に本をお調べになるのです。お子さま方と一生懸命に、向き合っていらっしゃいます」

こうした幼い頃から子どもと築く信頼関係は、のちに大きな実を結ぶことになる。 

佳子さま(22)が、父親の秋篠宮さま(51)との喧嘩を告白した、2015年の誕生日会見をご記憶の人もいるだろう。

「短所は、父と同じように導火線が短いところがありまして、家の中ではささいなことで口論になってしまうこともございます」 

同じ時期、母娘の戦いも漏れ聞こえた。20歳前後の娘を持つ母親ともなれば心配も尽きないのだろう。紀子さまが服装や生活の様子について、たしなめると佳子さまは、「うるさい!」、「放っておいて」といった内容の言葉をぶつけて反発したという。

どこの家庭にも見られるありふれた光景である。紀子さまは多忙だ。皇族の公務にご自身の研究や児童書の翻訳、秋篠宮家の女主人として20人もの職員を切り盛りして3人の母業を続けている。ときにはすれ違いもあるだろう。それでも佳子さまは、母の紀子さまに深い愛情を示している。たとえば16年1月に皇居・宮殿で催された「歌会始の儀」。ここで披露された佳子さまの和歌である。

弟に本読み聞かせゐたる夜は旅する母を思ひてねむる 

ふとした日常を紡いだ和歌は、母と弟への愛情にあふれ、家族がゆるぎない信頼で結ばれていることが伝わる。

家族の絆を紡ぐ鍵は何か。佳子さまは同じ20歳の会見で、答えに触れている。

「幼い頃は(紀子さまが)手紙にスマイルの絵を描いてくれたことが、よく印象に残っております」

秋篠宮家において、手紙は重要なコミュニケーションツールであるようだ。

「カードやお手紙を、ご家族で贈り合う。それはお子さまが誕生する前からご夫妻の習慣だと伺っています。幼い頃、眞子さまと佳子さまは、公務で遅く帰宅するご両親へ、『お仕事お疲れさま』と書いた手紙や絵のプレゼントを用意されました」(高清水さん)

忙しくとも、工夫を重ねて家族の交流を図るご夫妻。子どもに対する誠実な姿勢が家族の信頼をつないでいるのだろう。
佳子さまが反抗期を乗り越えた【秋篠宮家のルール】とは?
 

●子どもが「職業」と人生観を学べる絶好の機会とは?

秋篠宮ご夫妻は、両陛下と過ごす時間を大切にしている。

両陛下も、秋篠宮家の子どもが小さい頃は、葉山御用邸(神奈川県)などの滞在先に、たびたび秋篠宮家を招いていた。天皇陛下の心臓が悪くなる前は、葉山の海で、昭和天皇が愛用した和船に悠仁さまを乗せて、自ら櫓を漕ぐ姿も見られた。

それは大勢の人に仕えられ、指示を与える天皇、皇后としての祖父母の姿を、孫の悠仁さまが直に目にする時間でもある。皇室という日本一の旧家が守ってきた伝統や「職業」のあり方を、学ぶ貴重な機会なのだ。

世代を越えた学びの一端は2011年。東日本大震災の直後に表れた。両陛下は、被災者のために、那須御用邸(栃木県)内にある職員用風呂の解放を決めた。お手伝いをしたのは、やはり秋篠宮家。宮内庁職員がタオルを持ち寄り、紀子さまと眞子さま、佳子さまはタオルの袋詰め作業に参加した。その年の夏休み。眞子さまは岩手、宮城県を被災地支援ボランティアの一員として訪れ、子どもたちの勉強を手伝った。自分の目で、人びとの痛みを理解しようと試みたのだ。

両陛下は、災害直後から7週連続で被災地や避難所に足を運び、被災者に声をかけ続けた。秋篠宮家のお子さま方は、「おじいちゃん」「おばあちゃん」である両陛下の姿を通して、「天皇家」の人間としてどうあるべきか。それを、しっかりと学んでいる。 

(取材/文・永井貴子)

※写真はイメージです

お話を聞いた人

PAGETOP