メディア個別 ファッションアドバイザー”YOKO FUCHIGAMI” 衣類スチーマーでシワを消し去る。 | LIMIA | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

ファッションアドバイザー”YOKO FUCHIGAMI” 衣類スチーマーでシワを消し去る。 

ファッションアドバイザー”YOKO FUCHIGAMI” 衣類スチーマーでシワを消し去る。
~LIMIA~

皆さんは洋服のシワを取りたい時って何を使っていますか?今回、パナソニックの大ヒット商品である衣類スチーマーが、バージョンアップしてさらに使いやすくなる!という情報を聞きつけ、ペニーも発表会に行ってきました。ゲストには大人気のトータル・ファッション・アドバイザーである”YOKO FUCHIGAMI”さんが登場。4月21日に発売する衣類スチーマーを実際に使って、驚きの声をあげてました♪

衣類スチーマーってアイロンとどう違うの??

今回はパナソニックの人気商品のひとつである、衣類スチーマーの発表会にお邪魔しました。
会場には30分前には到着したけれど、すでに多くの報道陣が集まっていてびっくり!
有名雑誌から、TV局まで様々なメディアの方が多数いました。
これまでも発表会を取材をさせていただいている僕、ペニーも少しメディアの方々の顔を覚えてきた。
いや、そんな僕の話はどーでもいい(笑)
話は脱線しましたが、もともと評判の良かったパナソニックの衣類スチーマーがバージョンアップしたと聞きつけ、期待に胸が高鳴ります♪

そもそも、衣類スチーマーってなんだろう?アイロンと何が違うの?と思われる方もいるかもしれません。
アイロンと大きく違う点は、ハンガーにかけたまま衣類のシワを伸ばすことができるところ。衣類スチーマーならアイロン台を用意したり、熱々のアイロンを片付けたりする必要がないんです。また、アイロンって、きれいに広げないとシワになったままかけてしまうことってありますよね?ハンガーにかけた状態でシワ伸ばしができる衣類スチーマーは、片手で衣類を伸ばしながら使うから、変なシワも発生しづらいんです。

衣類スチーマーって、みんな使ってるもの??

1988年から衣類スチーマーを販売してきたパナソニック。
昔の商品はヘッド(スチーム部分)が重たくて、シャツ1枚のシワを伸ばそうにも、なかなかの重労働だったそう。

それから改良を重ね、今の形になってからは売り上げが急上昇↑
アイロンほど手間をかけず、簡単に衣類のシワを伸ばせるから、男女ともに人気のアイテムになったんですね。

衣類スチーマーが2013年に現在の形になってから、累計出荷台数が100万台を突破したとのこと!
大人気なのが伺えるし、買いたくなる秘訣が隠されているはず。
このままだと一家に1台の必須アイテム!なんてこともあるかもしれないですよね。
恥ずかしい話ですが、アイロンをほぼ使ったことがない僕。
説明を聞いているだけで、、、うん!欲しくなったよねw

売れっ子ファッションアドバイザーの”YOKO FUCHIGAMI” vs. パナソニックの商品企画担当 清藤さん

この日、ゲストとして呼ばれたのは、トータル・ファッション・アドバイザーの”YOKO FUCHIGAMI”さん。
「一番のオシャレは裸」と名言を残している彼女は、衣服のシワでさえも自然の姿と肯定し、『シワ フチガミ』というブランドも手がけているそう。
対してシワ撲滅のために闘うのはパナソニックの商品企画担当である清藤美里さん。この日もシワひとつない、綺麗なワンピースを着ていました。

彼女はパリコレとバリコレを定期的に開催しているがゆえ、パリ、バリ、パリバリパリ・・・と行き来しているそう。う、うん。なんだろう?会場で”YOKO FUCHIGAMI”さんが言うと盛り上がったのに、僕が書くとつまらなく思われてしまいそうだ。。失礼になりそうなので、文章でおもしろそうに書くのはよしておこう(笑)
”YOKO FUCHIGAMI”さんは、この日も国道沿いの中央分離帯で拾ってきた『ブンリ フチガミ』を着て登場。

”YOKO FUCHIGAMI”のセカンドブランドである『タンス フチガミ』を着たモデルさんが登場しました。タンスの奥でくっしゃくしゃになっているのが特徴らしく、シャツはシワシワな状態に。せっかくのオシャレな格好も台無しに・・・と思うのですが、YOKOさんはこれもひとつのアート、生活感を出すデザインだと言い張ります。

このシワッシワのシャツを味があると絶賛するYOKOさんと、「シワのない服も素敵ですよ?」と反論する清藤さん。
熱いバトルが繰り広げられていました。

シワなしシャツの良さを知るべく、実際にYOKOさんは衣類スチーマーを使ってみることに。片手で引っ張りながら衣類スチーマーをあてていくだけで、シワがみるみる取れていきます。この手軽さにYOKOさんもびっくり。「シワがないシャツも悪くないわね。」と、衣類スチーマーの良さに気づいちゃいます。清藤さんも「そうでしょ?」と得意げです。

「あっという間にシワが無くなっていくのね。」と、YOKOさんも驚きを隠せない様子。
実際に、衣類スチーマーをさっとかけるだけで、手強そうなシワがするっと取れていくんです。こんな簡単にシワが伸ばせるんだと、見ている僕も驚きました。シワシワなシャツがピンっとなるところを、見ているだけも気持ちよかった。この衣類スチーマー、ただものではなさそうです。

より便利に、使いやすくバージョンアップ!”衣類スチーマー NI-FS530″

今回発売するパナソニックの衣類スチーマーは、これまでのものよりも確実に進化していました。まず、スイッチを入れて、使えるようになるまでの立ち上がり時間が約20%短縮。約24秒で使えるんです!バタバタしがちな朝や急遽着なきゃいけない衣服にシワが入ってしまっている時に、さっと使えてシワが伸ばせるのは本当に助かりますよね。いつも、時間ギリギリで動いてしまう僕には、非常に嬉しい機能です。

次に、衣類スチーマーの要である、スチーム機能。シワが入った衣類を素早く綺麗にするには、スチーム力って大事ですよね。バージョンアップしたこちらは、従来モデルよりスチームの噴射穴をひとつ増やし、さらに穴を広範囲に配置しているので、連続パワフル&ワイドスチームが可能なんです。要するに、今までよりたくさんのスチームが出て、素早くシワが伸ばせるってことなんです。


カラーは、ダークブルーとピンクゴールド調の2色のラインアップ。

そして、自動ヒーターオフ機能を新しく搭載!衣類スチーマーを使って、慌ただしく家を飛び出してしまった時、「あれ?電源消したっけ?」って気になることってありますよね。気になり出したらもう止まらない。あれ?僕だけ?笑
でも、そんな心配もいりません。スチームボタンを約60分間触らない場合、自動でヒーターを切ってくれるんです。安全に使える、嬉しい機能ですよね。

品名 衣類スチーマー
品番 NI-FS530
消費電力 950W
スチーム方式 連続式(ポンプ搭載)
注水量(約) 50 ml
アイロン面 セラミックコート(フラット形状)
本体寸法(約) 幅7×高さ15×長さ15cm(コード出口部品含まず)
収納時寸法(約) 幅9×高さ16×長さ17cm(スタンドを含む)
本体質量(約) 700 g(電源コード含む・スタンド含まず)
カラー -DA(ダークブルー)・-PN(ピンクゴールド調)
発売日 4月21日
メーカー希望小売価格 オープン価格
————————————————————-

取材をしながらたくさん笑ってしまった、とても楽しい発表会でした♪
最後には”YOKO FUCHIGAMI”さんも大絶賛していたパナソニックの衣類スチーマー。
僕の家にあるシワシワな服に、ぜひ使ってみようと思います。
簡単にささっと使えるから、急いで服のシワを伸ばしたい時にはオススメです!
皆さんも、家電量販店などで見かけたら、ぜひ手にとってみてくださいね。

筆者プロフィール
LIMIA公式ライター:Penny(ペニー) 1980年生まれ 天秤座 独身 中肉中背
好きな言葉・棚から牡丹餅
似ている芸能人・あばれる君
趣味・写真/料理/車
最近は広告代理店業務こなしながら、ライターやらせてもらってます。とはいえ書くのは苦手。そんないい所探す方が難しい僕ですが、最近はDIYにハマってリノベに興味津々です!

配信元

PAGETOP