メディア個別 妊娠中の食事術【前編】 〜鉄分たっぷりの食事で、貧血予防を〜 | 知っておきたい、妊娠中期の豆知識! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

妊娠中の食事術【前編】 〜鉄分たっぷりの食事で、貧血予防を〜 

妊娠中の食事術【前編】 〜鉄分たっぷりの食事で、貧血予防を〜
~知っておきたい、妊娠中期の豆知識!~

食欲の秋到来?! 夏の暑さで落ちた食欲を取り戻すためにも、旬の味覚を存分に楽しみたいもの。妊娠中期に入るとつわりも治まり、食欲が増してくる妊婦さんも多いでしょう。じつはこの時期から貧血と診断される妊婦さんが増えてきます。貧血は、微弱陣痛、切迫早産、異常出血などが起こりやすくなります。貧血予防のために、日頃の食生活を見直して、鉄分をしっかりとることが大切です。

妊婦さんはどうして貧血になりやすいの?

貧血とは血液中に含まれている赤血球や血色素(ヘモグロビン)が不足している状態をいいます。おなかの中の赤ちゃんは、母体の血液から酸素や栄養分を吸収するため、妊娠によって母体の血液量は増加しますが、赤血球の数よりも血液中の水分量が増えるため、赤血球は不足しがち。さらに、鉄分が優先的に赤ちゃんへ送られるため、妊娠中は鉄欠乏性貧血になりやすいのです。
妊婦さんはどうして貧血になりやすいの?
 

鉄分たっぷりの食べ物といえば?

血色素(ヘモグロビン)の主な材料である鉄は、食べ物で補給するのが効果的です。妊娠中期から後期にかけて鉄分の1日の摂取基準量は21~21.5mg。鉄分がたっぷり含まれている食ベ物としては、ほうれん草、小松菜、ひじき、レバー、肉類、プルーンなどが知られています。また、アサリやシジミなどの貝類には鉄分とビタミンB12がたくさん含まれ、しかも低カロリーのおすすめ食材です。

プラスαで鉄の吸収をアップ!

妊娠中の貧血を予防するには、鉄分だけをとればいいというわけではありません。良質な動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に食べると、鉄の吸収率が高まるといわれています。日頃の食事でバランスよく取り入れましょう。なお、鉄剤を処方されたらきちんと服用してください。
PAGETOP