メディア個別 息子が母親を「気持ち悪い」と感じるとき | 息子が気持ち悪い…ママがそう思ってしまうのはなぜ? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

人気検索ワード

息子が母親を「気持ち悪い」と感じるとき
~息子が気持ち悪い…ママがそう思ってしまうのはなぜ?~

小さくかわいかった息子が、いつしかゴツくなったり声が低くなったりと「男」に変わっていくとき、その変化を受けとめきれず、「気持ち悪い」と感じてしまうママはときどきいるよう。

▼このシリーズの記事一覧▼
vol.01.ママが息子を「気持ち悪い」と感じるとき
vol.02.息子が母親を「気持ち悪い」と感じるとき◀
vol.03.思春期の息子とママのほどよい距離とは?
でも一方で、思春期になると息子のほうから「母親が気持ち悪い」と感じることもあるようで、ネット上にもそんな「母親が気持ち悪い」という相談がチラホラ。

いったいどんな理由でそう感じるの? また、息子に「気持ち悪い」と思われる母親のタイプとは? 「清洲心理相談室」のカウンセラー・森本千恵さんは言う。

「思春期の息子に『気持ち悪い』と思われるのは、部屋に勝手に入る、携帯をチェックするなど、パーソナルスペースに対して侵入的な母親が圧倒的に多いです。思春期の男の子にとって、自分の心に入り込もうとされるのはすごく嫌なこと。先生でも父親でも、誰であっても嫌なのに、それをよりによって母親がやることで、我慢できない思いを抱えるのです」(森本さん 以下同)

例えば、息子からすれば父親が自分の心に侵入してくるような場合、面と向かって反発しやすい。しかし母親は異性であり、いちばん身近で大切な存在であるだけに、面と向かっての反発はしづらい。

すると、怒りやイライラ、モヤモヤした思いが発散できず、心の中にどんどんたまってしまい、「母親にずっとまとわりつかれるような気持ち悪さ」を感じるようになるのだとか。
中学生の男の子
 

●息子がお母さんに「気持ち悪い」と言えたら、むしろ健全

ただし、思春期の男の子が、自分に過剰に干渉してくる母親を「うっとうしい」「気持ち悪い」と感じるのは「健全なこと」と森本さんは言う。

「息子が母親に対して面と向かって『気持ち悪いんだよ!』『うっとうしいんだよ!』などと言えたら、大丈夫。そうでなく、何歳になってもお母さんに何でも話す、何でも見せる息子のほうが、後々問題が生じる可能性があります」

母親にとっていつまでも昔のままでかわいく従順な息子は、母親には良くても、後に妻になる女性にとっては「嫌な男」になってしまう可能性アリ。

かわいかった息子が、いつの間にか自分のことをうっとうしがったり、避けたりするようになったときには、それを「成長」と考え、受け入れよう。

そして、そこから息子との距離の取り方を改めて見直してみては?
(田幸和歌子+ノオト)

お話をお聞きした人

PAGETOP