人気検索ワード

【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選

東京都千代田区では、「子どもの遊び場に関する基本条例」が制定され、外遊びに関する関心が高まる一方で、「子どもともっと外で遊びたいけど、近所にのびのびと安全に遊べる公園がない」とお悩み中のママも少なくないはず。さらに、仕事や家事でママに時間がなかったり、習い事に通っていて子どもに時間がなかったり…。そんなママのために、短時間で満足&ベランダや家前で遊べる外遊びを紹介します!

●道具はいっさい不要の「足乗りワルツ」

【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
子どもと遊ぶとなると、「おもちゃを用意しなくちゃ」と考えることもあるけど、足乗りワルツなら道具はいっさい不要。家のまわりで遊べるから、5分くらいのちょっとしたスキマ時間の有効活用にも◎。

【遊び方:対象年齢3歳~】
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
1.親子で両手をつないで、ママの足の上に子どもの足をのせよう。子どもの体重を預かって、まっすぐ立たせてあげてね。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
2.「こっちの足から動かすよー!」と、片足をあげて子どもに合図を出したら準備完了。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
3.「せーの!」で片足を動かし、「イチ、ニ! イチ、ニ!」と声をかけ合いながら子どもと一緒に歩いてみよう。最初は難しいかもしれないから足元を見ながら、慣れてきたら進行方向を見ながら歩いてみて。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
4.進行方向を見ながら歩けるようになったら、次は少しずつスピードアップ。「イチ、ニ! イチ、ニ!」と、声かけは忘れずに。他にも、「カニ歩き」や「大また歩き」「後ろ歩き」などにも挑戦すると楽しい!

手をつないで一緒に動くから、子どもの運動能力や筋力、リズム感、親子の絆力アップにもつながり、ママの運動不足解消にもなって一挙両得!

●家族みんなで楽しくランチ「ベランダ遠足」

【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
休日にパパと一緒に家族みんなでピクニックへ! と思ってもそこまでの時間はとれない…。そんなときはベランダ遠足を試して。ピクニックシートとお弁当やサンドイッチなどを用意するだけでも、子どもはきっと大満足してくれるよ。

【遊び方:対象年齢2歳~】
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
1.まずはピクニックの舞台となるベランダに、みんなで協力してピクニックシートを敷こう。「そっちの端を引っぱって!」「もう少し右」などと声をかけ合いながら、ベランダのいちばん気持ちいい場所を探してみて。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
2.お弁当を並べて食事の準備をしよう。「このお弁当をママの場所に並べてね」と、できるだけ子どもに手伝ってもらい、上手にできたら「キレイにできたね」とほめてあげると、より盛り上がるよ。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
3.「いただきまーす!」と食事スタート。いつもとはちょっと違った雰囲気で食べるランチは、親子のコミュニケーションの場としても最適。「保育園は楽しい?」「昨日はどんな遊びをしたの?」と、みんなで会話を楽しもう。

遊びながらママのお手伝いをすることで、親子の絆力やお手伝い力アップにつながるから、教育という面でもオススメの外遊び。

●遊びながら野菜の勉強もできちゃう「ベランダ村長」

【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
こちらもベランダで楽しめる外遊び。大人目線で見てしまうと、ただのベランダ菜園かもしれないけど、子どもにとっては魅力いっぱいの遊び要素に大変身。一緒に野菜を植えてみよう。

【遊び方:対象年齢3歳~】

◇道具
・野菜の苗 1~2株
・野菜栽培用プランター(深型がオススメ)
・野菜用培養土
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
1.プランターに培養土をたっぷり入れましょう。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
2.培養土に苗のポットがおさまるくらいの穴を掘ろう。スコップがあると掘りやすいけど、手で掘ることで土の感触を楽しむことができます。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
3.あまり深く植えないように注意しながら穴に苗を植えて、水をたっぷりあげて。苗のポットはあらかじめ水で湿らせておくと、植える際に土がこぼれにくくなります。
【PR】こんなところで外遊び!? カンタン便利な外遊びレシピ3選
4.毎朝チェックして、水をあげながら野菜を育てよう! 「●●村長のサラダ菜」といったように、表札を立ててあげると、毎日の水やりがより楽しく!

子どもと一緒に野菜を育てることで、自然を大切にする心を育めたり、思いやり力や食べ物の知識がアップしたり、五感への刺激もできるから、子どもの成長にとってもよさそう。

●外遊びをするなら日やけ対策を忘れずに

ただし、外遊びで注意したいのは、“日やけ対策“。ご自身の日やけ対策はバッチリでも、お子さまの日やけ対策をお忘れではありませんか。
おすすめは、花王の「ビオレUV のびのびキッズミルク」。お子さまのデリケートな肌に使えるSPF50+の日やけ止めです。汗・水に強いから、外遊びや水遊びにもオススメ!* さらに、落とす時は、いつものせっけんやボディウォッシュでサッと落とせます。
*効果を保つために汗などをふいた後は、こまめに塗り直してください。
「外で遊べる場所がない」「遊ぶための時間がない」と諦めなくても、今回のようにちょっとした工夫で外遊びはできる。日常のなかにもっといろんな外遊びを取り入れたいなら、『sotomo』というサービスが参考になりそう。「対象年齢」や「時間」、「場所」を選択するだけで、今すぐにできる外遊びを探すことができるスグレモノ。きっとママの悩み解決のヒントになるはず。

これから外遊びがどんどん楽しくなる季節。家族みんなでいっぱい遊んじゃおう!

▼花王『ビオレ さらさら UV のびのびキッズミルク』の購入はこちら▼

花王『ビオレ さらさら UV のびのびキッズミルク』

▼もっと外遊びレシピを知りたいならsotomoをチェック▼

sotomo
ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP