人気検索ワード

船旅気分を愉しむ、「星野リゾート 界 アンジン」オープン 

船旅気分を愉しむ、「星野リゾート 界 アンジン」オープン
~LIMIA~

星野リゾートが運営する温泉旅館「界」の14軒目として、「星野リゾート 界 アンジン」が伊東市にオープンしました。伊東市は、英国人航海士ウィリアム・アダムス(三浦按針)によって、日本初の西洋式帆船が製造された地として知られています。その三浦按針から名付けられた「界 アンジン」は、海や船旅をテーマにしたデザインが随所に施された、今までにない温泉旅館です。

星野リゾート 界 アンジンは、伊東市で日本初の西洋式帆船を造船したウィリアム・アダムスの日本名「安針(アンジン)」から名付けられました。
その名にふさわしく、随所に海のロマンを感じられるような仕掛けが施された、マリンアンティークな「界 アンジン」の世界をご紹介します。

日本で唯一の「船旅」をテーマにした温泉旅館

最上階に位置する大浴場からは、太平洋を一望することができます。御影石を使った内風呂と、岩造りの露天風呂から、美しい景色をお愉しみいただけます。

同じく最上階には、ゆったりとしたソファでアルコールやドリンクを楽しめる湯上がり処と、サンブエナデッキと名付けられた展望デッキがあります。
サンブエナデッキは三浦按針が造船した帆船の名前に由来しており、船の甲板をイメージした開放的な空間となっています。

客室は、全室がオーシャンビューの贅沢なつくりに。
船にちなんだ舵(かじ)や櫂(かい)を取り入れたアートワークや、船の古材を使用したデザインが特長のアートなお部屋です。
さらに、スイートルームにはアンティークな音を楽しめるレコード機器があり、より海のロマンをかきたててくれます。
内装は設計事務所スーパーポテトが手がけています。

食事は、伊豆らしさを感じる海の幸を中心とした和会席です。
そこに、三浦按針の出身地である英国のエッセンスを取り入れました。
ホップをきかせて長い船旅でも耐えられるよう開発された、苦味と香りが特徴のIPA(インディアペールエールビール)も提供しています。

全国にある「星野リゾート 界」は、日本各地の文化を体験できる「ご当地楽」をご用意しています。
「界 アンジン」では、「青い目のサムライ紀行」と題し、三浦按針が英国から日本にたどり着き、日本初の西洋式帆船を作り上げるまでのストーリーを知ることができます。

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP