人気検索ワード

Amazonから次世代ハイコストパフォーマンスタブレット「Fire 7」「Fire HD8」2種発売 

Amazonから次世代ハイコストパフォーマンスタブレット「Fire 7」「Fire HD8」2種発売

 Amazonのタブレット新機種「Amazon Fire 7」「Amazon Fire HD8」の発売が17日、発表された。前世代機「Fire」から各種機能がパワーアップしつつ価格を抑え、「Amazon Fire 7」は8980円からという前世代モデルよりさらに低価格を実現。同日から予約が開始され、出荷開始は6月7日を予定している。



 本製品は、ビデオ鑑賞、読書、音楽利用に特化したエンタメ型タブレットFireの新モデル。ストリーミングはもちろん、Amazonプライム会員はコンテンツをダウンロードして、オフラインで楽しむことができる。ストレージに余裕がある場合のみ、自動的におすすめのAmazonオリジナルドラマの1話がダウンロードされるなど、ユーザーの好みに即したコンテンツのレコメンド機能があるのが特徴。また、Amazon会員でなくてもウェブのブラウジングなど従来のタブレットの使い方も可能だ。

 「Amazon Fire 7」「Amazon Fire HD8」ともに、ユーザーの視聴履歴によりパーソナライズ化され、キャッシング予測機能により瞬時のストリーミング再生が可能。Fireタブレットで撮影した写真は容量無制限のクラウドストレージに無料で保存ができる。また、802.11a/b/g/n/のデュアルバンド高速Wi-Fi接続で、使い勝手と通信面ともにストレスの無い素早いレスポンスにこだわっている。

 「Amazon Fire 7」は薄型軽量化された、エントリーモデル。バッテリー継続時間は最大8時間、内部ストレージは8GBまたは16GBで、microSDカードスロットを備え最大256GBまで拡張が可能。「Amazon Fire HD8」は高解像度8インチHDの大きな画面で、鮮明に読書・ビデオ視聴ができる。ドルビー対応デュアルスピーカーを内蔵し、映画やゲームの音声を臨場感あるステレオで表現する。バッテリーは最大12時間。

 Amazonプライム会員は4000円OFFクーポンを発行しさらに低価格での購入が可能。予約はAmazon特設ページにて受付中。価格は「Amazon Fire 7」8GB版は8980円、16GB版は1万980円、「Amazon Fire HD8」16GB版は1万1980円、32GB版は1万3980円。

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP