人気検索ワード

【皮膚科で聞いた話】保湿剤を塗る順番&発達時期別の乾燥しやすい部位 

【皮膚科で聞いた話】保湿剤を塗る順番&発達時期別の乾燥しやすい部位
~ベビーカレンダー~

デリケートな赤ちゃんのお肌。こまめに保湿を心がけているママもいることでしょう。私は塗り忘れることが多く、肌トラブルを引き起こしてしまった経験があります。そうならないために知っておきたい発達時期別の乾燥しやすい部位や塗る順番についてご紹介します。

 

デリケートな赤ちゃんのお肌。こまめに保湿を心がけているママもいることでしょう。私は塗り忘れることが多く、肌トラブルを引き起こしてしまった経験があります。そうならないために知っておきたい発達時期別の乾燥しやすい部位や塗る順番についてご紹介します。

 

保湿剤にも塗る順番があった!?

皮膚科を受診した際に教えてもらったのが、保湿剤を塗る順番です。「えっ、保湿剤に塗る順番なんてあるの?」と思いましたが、知っておくと塗り忘れにつながると感じました。基本の順番が以下のとおり。よろしければ参考にしてくださいね。

 

1.胸とおなか 2.背中 3.腕と手、指 4.足と指 5.腕と足の関節、くびれ部分 6.顔 7.耳 8.頭皮

 

【乾燥しやすい部位】ねんね~おすわり期

きちんと塗っているつもりでも、意外と塗り忘れが多いそうです。発達時期別に乾燥しやすい部位があるとか。

 

ねんね~おすわり期で乾燥しやすい部位は、手首や足首、すねだそうです。手首や足首はしわを伸ばして、すみずみまで塗るのがポイントだそう。言われてみれば、確かに乾燥して白くなっていたような気がします。事前に知っていれば、きちんとケアをできたかもと思いました。

 

【乾燥しやすい部位】はいはい~あんよ期

この時期になると動きが活発になりますよね。はいはいが始まるとひじやひざへのダメージが大きいはず。あんよ期もいろいろなものに触れて乾燥しがちになります。おふろのあとに限らず、日中でもカサカサや荒れが気になったら保湿ケアをすることが大切だそう。

 

発達時期の乾燥しやすい部位を把握し、こまめな保湿ケアが大切だと教わりました。もっとこまめに保湿ケアをしてあげればよかったな~と後悔しています。

 

 

乾燥しやすい部位を把握し、保湿ケアを行う大切さを学びました。毎日の積み重ねが赤ちゃんの肌トラブル予防につながり、すべすべ肌を維持できるのでしょう。私はズボラでしたが、みなさんはぜひ保湿ケアを行ってあげてくださいね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP