人気検索ワード

消費者庁も注意喚起。夏に起きやすい子どもの事故に注意 

消費者庁も注意喚起。夏に起きやすい子どもの事故に注意
~ベビーカレンダー~

夏は、プールや川遊び、花火、キャンプなど、楽しいレジャーが盛りだくさん。でも、同時に小さな子どもの事故も増えており、消費者庁もウェブサイトなどで注意を喚起しています。夏に起きやすい子どもの事故についてまとめました。

 

夏は、プールや川遊び、花火、キャンプなど、楽しいレジャーが盛りだくさん。でも、同時に小さな子どもの事故も増えており、消費者庁もウェブサイトなどで注意を喚起しています。夏に起きやすい子どもの事故についてまとめました。

 

プールの事故

ビニールプールなら子どもたちだけで遊ばせても安心と思っていませんか? 東京消防庁の調査では、ビニールプールでの事故は0歳〜5歳に多く、最も救急搬送が多いのが3歳児というデータもあります。乳幼児は10センチの水でも溺れることがあるといいます。ビニールプールであっても親が必ず付き添いましょう。

 

川遊びの事故

川で子どもが溺れて亡くなるという事故が、今年もすでに起きています。川に行く前には必ず天候や川の状況をチェック。子どもが川に入るときは必要に応じてライフジャケットを着用し、必ず大人が付き添ってください。

 

川には流れがあり、急な深みや滑りやすいところもあるので、水面が穏やかに見えても注意しなければいけません。また、大人がちょっと目を離した隙に子どもの姿が見えなくなり、川で溺れていたというケースもあるので、河原などで遊んでいるときにも目を離さないようにしましょう。

 

 

遊具の事故

公園などにある遊具でも事故は起きることがあります。記憶に新しいところでは今年の春、保育所のうんていに3歳の女の子が挟まり、救急搬送される事故がありました。

 

6歳以下の子どもを遊具などで遊ばせるときは大人がそばで見守り、ひものついた服やかばんなどの持ち物は、ひもなどが首に絡まる恐れがあるので気を付けてください。また、お友だちを突き飛ばしてケガをさせないように、遊具の正しい使い方やルールを教えてあげることも大切です。

 

ライターの事故

夏になると、花火やバーベキューなどで火を使う機会が増えます。それに伴い、大人が目を離した隙に子どもがライターで遊び、「やけどを負った」「火災が発生した」との情報が東京消防庁に寄せられているそう。

 

現在、市販の使い捨てライターには、幼い子どもが容易に着火できないよう、CR(チャイルドレジスタンス)機能が導入されています。しかし、CR機能のある使い捨てライターであっても、子供の火遊びによる事故を完全に防げるわけではありません。子どもがライターに触らないようにライターを保管するとともに、子どもが理解できるようになったら、火遊びの危険性をしっかりと伝えましょう。

 

 

子どもの事故は何気ない日常の中に潜んでいることが多いです。でも、大人がちょっと気を付けてあげれば未然に防げる事故もあります。子どもの安全に気を配りながら、楽しい夏の思い出をつくりましょう。(TEXT:妹尾香雪)

出典:消費者庁ウェブサイト

http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20170524.php http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20170525.php http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20170601.php

 

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP