人気検索ワード

赤ちゃんもママもパパも楽しい!オノマトペ絵本のススメ 

赤ちゃんもママもパパも楽しい!オノマトペ絵本のススメ
~ベビーカレンダー~

赤ちゃんとの絵本タイム、どんな本がいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?そんなママにおすすめなのがオノマトペ(擬音)を使ったオノマトペ絵本!「にゃー」や「ぶーぶー」「びりびり」など、音の表現で絵本タイムを盛り上げます。わが家の子どもたちも大好きな「オノマトペ絵本」の魅力をお伝えします。

 

赤ちゃんとの絵本タイム、どんな本がいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?そんなママにおすすめなのがオノマトペ(擬音)を使ったオノマトペ絵本!「にゃー」や「ぶーぶー」「びりびり」など、音の表現で絵本タイムを盛り上げます。わが家の子どもたちも大好きな「オノマトペ絵本」の魅力をお伝えします。

 

赤ちゃんにピッタリ!オノマトペ絵本

ストーリーがまだじゅうぶんに理解できない赤ちゃんに「オノマトペ絵本」はピッタリ。「にゃーにゃー」や「わんわん」「がたんごとん」など、動物の鳴き声や乗り物の動く音が出てくるので、自然とものの名前が覚えられるのも大きなポイントです。

 

繰り返しのフレーズが多いのも特徴。子どもにも覚えやすく、マネしやすいため、おしゃべりを始めたばかりの子どもは、きっとお気に入りになること間違いなしです!

 

おすすめのオノマトペ絵本は?

昔から定番のオノマトペ絵本といえば、谷川俊太郎さんの『もこ もこもこ』。不思議なタッチの絵とオノマトペの響きがマッチして、子どもに大人気のベストセラーです。

 

『びりびり じゃあじゃあ』は、紙の破れる音や水の流れる音など、日常生活にある音がモチーフ。身近な音に、子どもも楽しくなります。絵本の時間だけでなく、日常生活をしながら同じように使ってみるとさらに楽しいですよ。

 

オノマトペ絵本はママ・パパにもうれしい!

「オノマトペ絵本」は、文字が少ないものが多いです。そのため、読み聞かせもかんたん。もっともっとと子どもがせがんでも、気軽にリクエストにこたえることができますよ。

 

また、音の強弱や調子を変えて、アレンジができるのも魅力のひとつ。子どものお気に入りの読み方を探してみましょう。内容が単純なので、絵本の読み聞かせが苦手なママや、いつもは読み聞かせをしないパパにもおすすめします。

 

 

子どもにも親にもうれしい、魅力がいっぱいの「オノマトペ絵本」。お気に入りを見つけて、親子の絵本タイムをもっともっと楽しんでくださいね!(TEXT:ママライター千倉美波)

 

配信元

ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ママテナの最新情報をお届けします

Twitterでママテナを

PAGETOP