メディア個別 放置してしまったガスコンロ汚れを落とす方法とは? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

放置してしまったガスコンロ汚れを落とす方法とは?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

トイレやお風呂など、家の掃除は大変なものですが、なかでもガスコンロの掃除はガンコな汚れがつきやすくてやっかいな存在。いくらこすっても汚れが落としきれず、悩んでいる人も少なくないはず。そこで、ガスコンロ汚れの落とし方をご紹介します。

放置してしまったガスコンロ汚れを落とす方法とは?
 

ガスコンロの汚れが落としづらい理由は?

調理後に、飛び散った油や食品の汚れを毎回拭き取っていれば、さほどガンコな汚れにはならないでしょう。しかし、忙しい人の場合は、毎食後に掃除をするのはなかなか大変なもの。結果、鍋から吹きこぼれた汁や油が、少しずつこびりついてしまい、簡単には落とすことができないガンコな汚れになってしまうのです。さらに、火を使うため、こげつき汚れもありますよね。長期間放置したガンコ汚れは、“サッ”と拭き掃除をするだけでは落としきることができません。

そこで、便利なのが重曹です。ガスコンロの汚れは酸性なので、アルカリ性の重曹で落としやすくなるといわれています。掃除の仕方はとても簡単で、スプレーボトルにぬるま湯(100ml)と重曹(小さじ1)を入れてよく溶かしたら、重曹スプレーを作り、これをガスコンロに吹きかけたら、キッチンペーパーをかぶせて汚れを浮かします。あとは、汚れをキレイに拭き取れば完了!

とはいえ、前述の工程だけでは完璧にはキレイにならない可能性があります。そんなときは、汚れに対して直接重曹を振りかけたり、重曹を水でペースト状にした重曹ペーストを塗ってしばらく置いて、汚れが浮いてきたら拭き取ったり、ブラシでこすってキレイにしてください。

また、似たような方法では、食器用洗剤(中性洗剤)とラップを使う方法もあります。汚れが気になる部分にキッチンペーパーを敷き、そこへ中性洗剤をかけたらラップを重ねてしばらく置き、汚れが浮いたら拭き取るだけ。ちなみに、ラップのうえからドライヤーなどで熱を加えると、汚れがとれやすくなるといわれています。

ただ、スポンジでこするだけでは落としづらいガスコンロの汚れ。重曹などを賢く使って、少しでも楽に落とせるようにしてみてはいかがですか。
(文・山手チカコ/考務店)
PAGETOP